(ひそ)かで華麗(かれい)なるカイタイ》 [編集]

密かで華麗なるカイタイ C 光/闇文明 (3)
呪文:月光王国
相手の手札を見る。その中から1枚選んで表向きにし、新しいシールドとして持ち主のシールドゾーンに置いてもよい。

DMRP-16で登場した/月光王国呪文

《猟奇と耽美の人形劇》からS・トリガーを抜いたかわりに、コストが3になり、能力が任意になった。

これまで無条件ピーピングハンデスは4コスト以上だったため、ハンデスの歴史を変える1枚であるといえる。試合の高速化について行きやすくなっており、コストの低下により呪文の再利用カードの対象になりやすくなっており、連打もしやすい。

しかもハンデスは任意。相手の手札にギャラクシーGOのようなシールド送りにしても利敵行為にしかならないようなカードしかなくても、ピーピングだけで済ますことができる。

取り分けコンボデッキに劇的に刺さる。シールド回収の手段があるデッキはコンボデッキでもそれほど多くないため、これを撃たれたデッキによっては負け確に等しい展開を強いられるだろう。

《ウォズレックの審問》→《密かで華麗なるカイタイ》とピーピングハンデスの波状攻撃を加えれば相手の戦術を崩壊させることも容易。

の2色であり、なおかつ相手のシールドを増やすカードなので、【5色刃鬼】に合うだろう。

【ドロマーGRハンデス】にも良いだろう。
S・トリガー付きのカードを埋めさせてしまった場合は、《「本日のラッキーナンバー!」》で安全に処理できる。《超覚醒ラスト・ストーム XX》ワールド・ブレイカーでまとめて吹っ飛ばすのも悪くはない。ただし、このカードの登場時点の環境でそちらのデッキにはカードが多くとも10枚程度なのが普通であり、《オリオティス・ジャッジ》《ファイナル・ストップ》《天使と悪魔の墳墓》と優秀なカードは多い。環境によって使い分けたいところ。

環境において [編集]

超・十マーク2ブロック構築環境では【ドロマーギャラクシールド】マナ基盤兼妨害札として使われている。

アドバンス環境では【ドロマーGRハンデス】に使われる。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-16
    罪すら解体する 天使の慈悲
    (訳:影に侵食されていく「正義帝」。ですがそこで天使が告げます。「あなたは私を助けてくれた。優しい人」その言葉を聞いた「正義帝」の身体からは光が溢れ、断罪の光を反射していきます。)

収録セット [編集]

参考 [編集]