DOOOPPLER(ドーップラー)・マクーレ》 [編集]

DOOOPPLER・マクーレ SR 光/火文明 (7)
クリーチャー:ビートジョッキー/フレイム・コマンド/チームボンバー 8000
スピードアタッカー
W・ブレイカー
自分のクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選び、タップする。
<マジボンバー>7(このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を見る。その後、コスト7以下のクリーチャーを1体、自分の手札または山札の上から、バトルゾーンに出してもよい)

DMRP-13で登場した/ビートジョッキー/フレイム・コマンド/チームボンバー

スピードアタッカーW・ブレイカーに、cipで相手のクリーチャー1体をタップする能力と、<マジボンバー>7を持つ。

スピードアタッカーcipのタップがかみ合っており、マッハファイターのようにアンタップしているクリーチャーを狩りにいけたり、ブロッカーを無力化して相手を攻撃しにいったりできる。

マジボンバーもスピードアタッカーとかみ合っており、すぐさま他のコスト7以下のクリーチャーを呼び出すことができる。

しかも、このクリーチャー自身コスト7なので、このクリーチャーのマジボンバーでこのクリーチャー自身を呼び出すことができ、理論上はバトルゾーンに一気にこのクリーチャーを4体並べることができる。

  • 《マクーレ》の能力は、自身が登場した場合もトリガーする。混乱を避けるため、これまでは「このクリーチャーまたは自分の他の(○○)がバトルゾーンに出た時」という表記が主に使われていた。
    • 「自分のクリーチャーが破壊された時」の処理と混同しないように注意すること。
    • クリーチャーで「自分のクリーチャーがバトルゾーンに出た時」の常在型能力を持つカードは、TCG版では《凶星王ダーク・ヒドラ》以来となる[1]

他のカード、デッキとの相性 [編集]

コスト7は光/火のカードとしては重い。種族にはビートジョッキーコマンドを持っているため、種族を活かしつつコストの重さも解決してくれるようなものを探したい。

環境において [編集]

十王篇環境では【5色ドギラゴン剣】のサブフィニッシャーとして使われることとなった。予めバトルゾーン《天災 デドダム》を用意しておけば、これで呼び出す《Mの悪魔龍 リンネビーナス》とそのリアニメイト先などを合わせて1ショットキルには困らない打点が並ぶ。7コストという重さも、《襲来、鬼札王国!》で一足先にリアニメイトできることと《無双の縛り 達閃》で一呼吸措いて7マナまで凌ぐことができることを考えると特段重いとは言い切れない。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]