《アラゴト・ムスビ》 [編集]

アラゴト・ムスビ C 自然文明 (4)
クリーチャー:ワイルド・ベジーズ 2000
K・ソウル
W・ソウル
マーシャル・タッチ
MT−自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。
マナ爆誕5
※殿堂入り

DM-37で登場したK・ソウル/W・ソウル持ちのワイルド・ベジーズ

マーシャル・タッチによるマナブーストと、マナ爆誕を持つ。

マナブーストの代名詞である《青銅の鎧》と比べると単純なマナブーストとしては扱いづらいが、こちらは手札バトルゾーンマナゾーンへ一気に干渉する面白い動きができる。
手札から召喚してマーシャル・タッチを使った場合、手札バトルゾーンともに±0でマナが+1となり、マナ爆誕で出した場合は、手札+1でバトルゾーンマナゾーンは±0となる。
このようにアドバンテージを失いづらいため、cipの再利用要員としてかなり有用。を入れずにcipの再利用が可能となった点も大きく、相手に依存しない効果のため序盤から終盤まであらゆる状況で使っていけるだろう。

ルール [編集]

環境において [編集]

変わった動きができるカードではあったものの、癖の強いカードでもあった為使い方が難しかった。それでも、[エピソード1環境では抜き4色【サイバー・G・ホーガン】で度々使われていた。

そして《ベイB ジャック》の登場により一気に使いやすくなった。
例えば、バトルゾーン《遺跡類神秘目 レジル=エウル=ブッカ》《ベイB ジャック》があり、このクリーチャー1体をバトルゾーンに、1枚は手札に揃えれば場のこのクリーチャー自体をタップしてコストにすれば、マーシャル・タッチで無限にマナブーストができる。
【緑単ループ】ではよく使われる必勝の動きであり、2017年7月8日に殿堂入りする要因となった。

その後も、2018年3月1日に《ベイB ジャック》プレミアム殿堂に指定されるまで使い続けられた。

テクニック [編集]

その他 [編集]

  • 緑単構築でバウンスという選択肢を追加する唯一無二の手段である。
  • アラゴト(荒事)とは、荒々しく豪快な歌舞伎の演技のこと。
  • DM-37DMX-12のイラストでは深緑の和装束姿であったが、DMEX-01では化粧廻し姿を披露している。
  • このクリーチャーのモチーフは「おむすび(おにぎり)=稲」。野菜でないワイルド・ベジーズは今までにもあったが、調理後というのは初めてである。強いて言うならカット済みの《ビクトリー・アップル》が近いか。
  • 余談になるがイネの花言葉は「神聖」。ループコンボにより神聖とは真逆の扱われ方をされてしまったのは皮肉である。

収録セット [編集]

参考 [編集]