《ジャリ <デスマ.Star(スター)>》 [編集]

ジャリ <デスマ.Star> C 闇文明 (1)
スター進化クリーチャー:マフィ・ギャング/デスパペット/レクスターズ 1000
スター進化:レクスターズまたは闇のクリーチャー1体の上に置く。(このクリーチャーが離れる時、かわりに一番上のカードが離れる)
このクリーチャーがバトルする時、このターン、バトルしている相手クリーチャーのパワーを-4000する。(パワー0以下のクリーチャーは破壊される)

DMRP-18で登場したマフィ・ギャング/デスパペット/レクスターズスター進化

《死神術士デスマーチ》墓地進化からスター進化に変わり、ブロッカーを失ったようなスペック

《死神術士デスマーチ》と比べるとパワー低下の期間がバトル中からターン中に延びている。そのため、このクリーチャーでバトルをしパワー低下をかけてから別のクリーチャーで殴り倒すといった動きが可能。

これだけコストの低いクリーチャーが除去耐性を持つのは貴重。革命0トリガー鬼エンドによる除去も1回なら耐えられる。
クロスギアドラグハート・ウエポンオーラを付けたクリーチャーから進化する事でそれらの攻撃時効果を安全に使用できる。

《死神術士デスマーチ》と違い、進化元が必要なのにシングル・ブレイカー=打点が実質増えない進化クリーチャーなので、耐性よりも1試合の速度が要求される速攻では評価が下がる。

背景ストーリーでは [編集]

このカードのフレーバーテキストより、禁断の星が半径2万Km[1]を丸ごと消し飛ばし、フィオナの森を燃やした。

  • フレーバーテキストで焼失した「半径2万km」は、地球を基準に考えると丁度地球全体(子午線の長さは約4万km)が含まれる。
  • コロコロコミック2004年9月号附録「5大文明超激戦図」によれば超獣世界の惑星の大きさは地球の約2倍。全く別の世界が舞台となったドラゴン・サーガ以降でもそれが継承されているのなら、惑星の大きさ2倍なら表面積は4倍なため、1/4が壊滅したと推測される。
    • 惑星の1/4も消しとばすほどの爆発であれば、惑星全体にも甚大な被害を及ぶ大災害だろう。
  • 半径2万kmが丸ごと消し飛んだのに、「燃えた」で済んでいるあたり、フィオナの森は直接的な爆発に巻き込まれていないと思われる。
  • なお、文明(≒アチーチ・タウン)は世界をつなぐ柱の最下層に位置している。このことから、地層ごと抉られて惑星が球体の形を保っていない可能性がある。前述の1/4と言うのは表面だけの話であり、被爆の範囲に地層の深さも考慮するなら、その範囲は1/4を超える。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


[1] カードの印刷では「K」が大文字になっているが、国際単位系ではキロメートルでは小文字の「k」を使わないといけない決まりとなっている。もしかしたら、誤植ではなくあえて大文字にすることで人間世界のキロメートルとは別の距離単位をいうことを暗に示しているのかもしれない。