D(ディー)侵略(しんりゃく) クリム・ゾーン》 [編集]

Dの侵略 クリム・ゾーン P 火文明 (3)
D2フィールド
自分のターンのはじめに、自分の手札からソニック・コマンドを1体出してもよい。
自分のソニック・コマンドはバトルゾーンから手札に戻らない。
(他のD2フィールドが出た時、このD2フィールドを自分の墓地に置く)

DMEX-16で登場したD2フィールド

出した時点では効果がなく、相手に除去されて無駄になる可能性はあるものの、残っていれば毎ターンコスト・文明無関係に1体タダでソニック・コマンドを出すことができる。
また、あらゆる手段の手札に戻す効果で離れないようにする能力も持つ。

相手の通常の除去手段としてのバウンスはもちろんのこと、《異端流し オニカマス》コスト踏み倒しメタ能力にも耐性を得るのは嬉しいところ。
《ボルシャック・サイバーエクス》《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》《異端流し オニカマス》などのバウンス手段が豊富に入った【ドギラゴン閃】には強い。

《轟音 ザ・ジェットV》とはデザイナーズコンボで、そちらの自己バウンス効果を打ち消せる。

ただし、従来の【レッドゾーン】は3ターン目にはスピードアタッカーを用意し、侵略してビートダウンするのがセオリー。3ターン目に攻撃できないこのカードをプレイしなければならないという点で相性があまり良くない。D2フィールドなので、《希望のジョー星》張り替えできる点を活用したい。

コストの重さがネックであった《音速 ソニックブーム》にとっては非常に有り難い1枚。最速4ターン目には相手のシールドを全破壊できる。ターン開始時に踏み倒すという効果も、S・トリガーケアという観点では噛み合っており、抜群の相性を誇る。

その他の踏み倒し候補として《D2-V禁断のボルトロン》《D2V2 禁断のギガトロン》が挙げられる。どちらもフルスペックを発揮するのにD2フィールドが必須であるため、早期に出せる点も含めて非常に相性が良い。
また、《禁断V フィーダス》は最速4ターン目開始時に《Dの妖艶 マッド・デッド・ウッド》《並替と選択の門》といった重量級 D2フィールドを展開することが可能。その場合このカードはバトルゾーンから離れてしまう点には注意が必要。

踏み倒しはソニック・コマンドであれば文明は問わないため、のソニック・コマンドも踏み倒し可能。特に相性が良いのは《ソニック・IV・ワン》で、自分のターン開始時にバトルゾーンに出せるためそのターン中に出すクリーチャーのcipをすぐに倍化させられる。

革命チェンジ(というよりほぼ《轟く革命 レッドギラゾーン》)には注意が必要。前述の通り、《クリム・ゾーン》自体は《ジョー星》メタのカードとなりがちなためデッキで両立しても干渉することは少ないと思われるが、出している間は入れ替えるの裁定により革命チェンジが不発になる。

ソニック・コマンド・ドラゴンソニック・コマンド種族カテゴリなので、《轟く革命 レッドギラゾーン》を《クリム・ゾーン》でタダで出すことはできる。もちろんファイナル革命は使えない。

《音速 ソニックブーム》と共に【赤青覇道】のサブプランに使うという手もある。

  • 手札にクリーチャーを戻さない「侵略」は何も悪影響を受けない。
  • カード名はレッドゾーン+紅色を意味するクリムゾンから。

ルール [編集]

手札に戻せないクリーチャーの攻撃時、革命チェンジの宣言はできる。そうした場合、結果として手札にとどまる

そのため、《虹速 ザ・ヴェルデ》の攻撃時に《SSS級天災 デッドダムド》《轟く革命 レッドギラゾーン》を宣言し、《デッドダムド》を重ねてから《レッドギラゾーン》と入れ替えれば、バトルゾーンから手札に戻すクリーチャーはソニック・コマンドではないため入れ替えることができる。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.バトルゾーンに自分の《覇王速 ド・レッド》《Dの侵略 クリム・ゾーン》がある状況です。
相手が《テック団の波壊Go!》を唱え、「バトルゾーンにある相手のコスト5以下のカードをすべて、持ち主の手札に戻す。」を選んだ際、《覇王速 ド・レッド》《Dの侵略 クリム・ゾーン》はどちらもコスト5以下のカードですが、どうなりますか?
A.この場合、《Dの侵略 クリム・ゾーン》のみが手札に戻ります。
《テック団の波壊Go!》の「バトルゾーンにある相手のコスト5以下のカードをすべて、持ち主の手札に戻す。」効果は、コスト5以下のカードをすべて同時に手札に戻そうとしますが、《覇王速 ド・レッド》《Dの侵略 クリム・ゾーン》の能力により手札に戻りません。
引用元

Q.自分の《Dの侵略 クリム・ゾーン》がバトルゾーンにある状況で、相手は《執拗なる鎧亜の牢獄》を唱えて、自分の《覇王速 ド・レッド》を選びましたが、手札に戻りませんでした。その後、自分の手札を1枚捨てましたが、捨てたカードが自分の手札にあった別の《覇王速 ド・レッド》でした。この場合、「シールドを1枚選び、墓地に置く」効果はどうなりますか?
A.この場合、シールドは墓地に置かれません。《執拗なる鎧亜の牢獄》の効果で選んだクリーチャーが結果的に手札に戻らなかった場合、その選んだクリーチャーと同じ名前のカードを捨てたとしても、シールドを墓地に置くことはできません。
引用元