並替と選択の門(ソーティング・ゲート) 節を編集

並替と選択の門 P 光/闇/火文明 (7)
D2フィールド
自分のターンの終わりに、相手は次のうち、このゲーム中まだ選んでいないものを1つ選び、自分がそれを使う。
►GR召喚を3回する。
►サイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。
►自分の山札を見る。その中からクリーチャーを1体選び、バトルゾーンに出す。その後、山札をシャッフルする。
►クリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。

DMEX-08で登場した//D2フィールド

4つのモードを相手に選ばせるという珍しい能力を持つ。
特性上、自分のターン中に使って、下手に攻撃しなければ最低1回は効果を使える。

選択肢は相手依存だが、その能力はどれも強力。

GR召喚3回は、よりコストの低い《“魔神轟怒”万軍投》に見劣りするが、コスト無制限でクリーチャーが出せる効果が控えている以上、それも仕方ないだろう。

サイキック・クリーチャー踏み倒しは、条件が一切問われていないため、
アタックトリガーでコスト10以下のサイキック・クリーチャーコスト踏み倒しを行う《超覚醒ラスト・ストーム XX》や、相手のウィニーを一掃する《殲滅の覚醒者ディアボロス Z》や、呪文メタである《龍圧の覚醒者ヴァーミリオン・ドラヴィタ》といった覚醒後の強力なサイキック・クリーチャーも出せる。

そして、リクルートリアニメイトも条件が問われていないため、コスト10以上のフィニッシャーも、進化クリーチャーも問題なく出せる。

デッキ構築や使う場面を間違えなければ、かつての《ミラクルとミステリーの扉》のようにどれが選ばれても「儲けもの」という状態を作り出せる。

問題はコストの重さ。高速化の進んだ現代において、7マナを支払った上で次ターン以降の展開を望むのは厳しい。しかし、《D2M2 ドグライーター》《族長の魂友 ワチャゴナ》などで早期にバトルゾーンに出すことができ、特に《ドグライーター》は《“龍装”チュリス》を使えば最速3ターン目で出せるため、大した問題ではない。
逆にコストが重いおかげで《スーパー・エターナル・スパーク》《龍脈術 落城の計》《テック団の波壊Go!》などが手が届かないため、カード指定除去にはある程度強い。

  • 相手は、実行不可能なモードでも選ぶことができる。
    • 墓地にクリーチャーがいない状態でも「▶クリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。」を選べるし、超次元ゾーンにカードがない状態でも「►サイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。」選ぶことができる。
    • そのため非常に強力な「▶自分の山札を見る。その中からクリーチャーを1体選び、バトルゾーンに出す。その後、山札をシャッフルする。」を1〜2ターン目に相手が選ぶことはまずないだろう。
    • 相手に《洗脳センノー》《封鎖の誓い 玄渦》など、出すことをロックするクリーチャーがいる状態で、使いたいモードを選ばれてしまっては目も当てられない。

メタクリーチャーに対する一覧表

(×はロック対象外、〇はロック対象内。◎はロック対象内の中でも置換効果によるものや出すことそのものを禁じる強力なもの)

《制御の翼 オリオティス》マナゾーンのカードの枚数以下のコストのクリーチャーが対象
《絶対の畏れ 防鎧》
《奇石 ミクセル》
《マグナム・ルピア》
《堅珠ノ正裁Z》
《獣軍隊 ヤドック》マナゾーンのカードの枚数以下のコストのクリーチャーが対象[2]
  • 「►サイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。」モードで、サイキック・スーパー・クリーチャーリンクさせて出すことができるのかは不明。もし出すことができるのなら、相手はこのモードを選べなくなるだろう。
  • 多色呪文のような名前だが、呪文ではない。

関連カード 節を編集

収録セット 節を編集

参考 節を編集


[1] ただし、パワー5000以下ばかりであるGRクリーチャーの性質上かなり刺さりやすいため実質◎と言える
[2] 置換効果による除去なのでcipも発動させない