反逆龍(レベリオン) 5000typeR(タイプアール)無法頂上会談(レイジー・チューン) [編集]

反逆龍 5000typeR P 火文明 (12)
クリーチャー:アウトレイジMAX 12000
このクリーチャーの召喚コストを、自分の墓地にあるクリーチャー1体につき1少なくする。ただし、コストは0以下にはならない。
このクリーチャーが出た時、パワー5000以下のクリーチャーをすべて破壊する。
すべてのプレイヤーは、手札からしかクリーチャーを出せない。
スピードアタッカー
T・ブレイカー
無法頂上会談 P 水文明 (3)
呪文
カードを3枚引く。その後、自分の手札を2枚捨てる。

DMEX-16で登場した/アウトレイジMAXツインパクト

クリーチャー側は《暴走龍 5000GT》が元となっており、コスト12、自己コスト軽減とその条件、パワー12000、全体5000火力スピードアタッカーT・ブレイカーが継承されている。

出せない効果は一種のコスト踏み倒しメタに変わっているが、ニンジャ・ストライクなどはもちろん、手札からプレイする扱いであるS・トリガークリーチャーを封じることはできなくなった。

しかし、《蒼龍の大地》《灰燼と天門の儀式》などのコスト踏み倒し呪文などを無力化するため、デッキによっては《暴走龍 5000GT》を超えるロック性能を期待する。

同じロック能力を持つクリーチャーには、コストの軽い《とこしえの超人》《検問の守り 輝羅》がいるが、それらと違って名目コストも高いため、《襲来、鬼札王国!》で破壊されず、相手が《大樹王 ギガンディダノス》のような巨躯なクリーチャーでも積んでいなければ《ドンドン水撒くナウ》《ドンドン火噴くナウ》でも除去されないため、【5色コントロール】防御札はこれ1枚で粗方完封できる。

他にもカウンター札で出す場合手札以外からのアクセスが主体の【赤黒邪王門】系統にはそこそこ刺さるが、《一王二命三眼槍》までは防げないので、打点補強もなるべく怠らないようにしたい。
単体で使うのも悪くないが、《暴走龍 5000GT》と共に並べるとより強力。腐ることが少ない呪文も含んでいるので、《暴走龍 5000GT》と最大8枚体制にするのも1つの手ではあるが、序盤のデッキの周りが悪くならないようにだけ注意したい。

このメタ効果は元と同じく自分にもかかり、《無限皇 ジャッキー》《熱血武闘 カツキング》コスト踏み倒しも防いでしまうため注意。

呪文側は《サイバー・チューン》からS・トリガーを失い、カードとしては多色になったもの。クリーチャー面も備えていることを考えれば及第点だろう。

呪文側が文明なので、もし【墓地ソース】に入れるなら必然と青黒赤構築に入れることとなるだろう。【墓地ソース】では《暗黒鎧 ザロスト》など一部を除いて手札以外からクリーチャーを出すことは少なく、特にフィニッシャー格はほとんどが手札から出てくるため、メタの影響が小さい。ただ、《戯具 ヴァイモデル》《「迷いはない。俺の成すことは決まった」》により《終末の時計 ザ・クロック》を水増しする型であれば話は別で、そちらの型の場合は一度出したら速やかに勝負を決めたい。

コストの小さい方の呪文面が3コストなので、【ロック“SPK”スピーカー】にも採用圏内。

  • 名前の「typeR」とは、ホンダのスポーツカーの中でも最高グレードのクルマを表す名称。冠詞の「レベリオン(Rebellion)」とのダブルミーニングだろう。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]

Q.《反逆龍 5000typeR/無法頂上会談》自身は、手札以外のゾーンからバトルゾーンに出せますか?
A.はい、出せます。このクリーチャーの「すべてのプレイヤーは、手札からしかクリーチャーを出せない。」の能力は、バトルゾーンにいる間のみ機能します。
(総合ルール 110.3d[1]
引用元


[1] 110.3d 常在型能力
クリーチャー、クロスギア、ウエポン、フォートレス、鼓動およびフィールド、オーラ、儀、 星雲がバトルゾーンにある間、または城やシールド・ゴーを持つクリーチャーがシールドゾー ンにある間、常に機能し続ける継続的効果を生み出します。