《スーパー大番長(だいばんちょう)四つ牙(クワトロ・ファング)」》 [編集]

スーパー大番長「四つ牙」 SR 自然文明 (6)
進化クリーチャー:ビーストフォーク/ハンター 9000
進化−自分のビーストフォーク1体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から2枚を自分のマナゾーンに置いてもよい。
このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を自分のマナゾーンに置いてもよい。
W・ブレイカー

DMR-01で登場した進化ビーストフォーク/ハンター

《大勇者「ふたつ牙」》完全上位互換クリーチャー
種族ハンターが追加され、パワーが1000上昇し、cip能力任意になり、アタックトリガーによるさらなるマナブーストが可能になった。

6マナがある状態で進化攻撃すると、次のターンには10マナになり、重量級カードを容易く扱えるようになる。インビンシブルサイクル呪文手札から唱えることも夢ではないだろう。6コスト3マナブーストには他に《爆進イントゥ・ザ・ワイルド》が存在するが、こちらは進化元を要求する代わりにパワー9000のW・ブレイカークリーチャーが残る点で勝る。
また、上記の性質から10コスト究極進化クリーチャーや各種ゼニスとも相性がよい。その際は相手のS・トリガーに注意。

「スーパー」がつくことからもわかる通り《大勇者「ふたつ牙」》スーパーカードで、その完全上位互換である。
一応、種族が追加されたことによって《凶刻の刃狼ガル・ヴォルフ》ハンデスされるなどハンターがネックとなるところも一応存在するが、《超竜アバレ・ムゲン》などと違いハンター進化ではないため進化元共々デッキに投入されるであろうビーストフォークから狙われることが普通であり、あまり気にならない。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]