《ゴースト・タッチ》 [編集]

ゴースト・タッチ C 闇文明 (2)
呪文
S・トリガー
相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。

DM-01で登場したハンデス呪文の元祖。すべてのハンデスの基本になっているカードでもある。

1枚使って1枚捨てさせるため、ハンドアドバンテージ的には等価であり、むしろマナコストの分単純にアドバンテージだけ見れば自分が不利になっている様に見える。

しかしこのカードの肝は軽量のランダムハンデスという点にある。相手の手札から《フェアリー・ライフ》等の初動や《エナジー・ライト》等のドロースペル、あるいはデッキキーカードを捨てさせることができれば、相手の手札の質が下がり、計算を狂わせることができる。そうして見えないテンポアドバンテージを稼ぐことがこのカードの、ひいては軽量ランダムハンデスの本質である。

特に相手が先攻の場合、相手が1,2ターン目に1枚でも手札を消費していれば、こちらの2ターン目で相手の手札は3枚以下になり、悪くない確率で次の行動を捨てさせることができる。相手の手札が少なくなるほどこのカードは効果的であり、時には打つタイミングを遅らせるなどの判断も重要。手札が減ればマナチャージの選択肢も減る為、相手は苦慮することとなる。

欠点は自分の手札消費も激しくなることだが、《コアクアンのおつかい》等の手札補充と合わせることで複数回の発動が容易となり、より手札の質に差をつけやすくなる。3ターン目の手札補充後、次ターンに2マナハンデスを連打する流れは強力。

ハンデスを繰り返し相手の手札を枯らしてしまえば、相手は毎ターントップデッキでしか動けず、常にマナチャージかプレイの2択を迫ることができ、非常に有利となる。また、相手が何らかの意図で手札をキープした場合、追加のこのカードや回収手段を用意することで、それを無慈悲に叩き落すことができる。

以上の様に、効果的に使うことによって手札差やテンポを大きく稼いだり、時には精神的にダメージを与えることができる優秀なカードである。

ただし、こういったカードは環境によって強さが左右されやすい。速攻で手札を枯らしてしまうデッキや今引きに強いデッキ、ハンデス対策やドロースペルを多く投入しているデッキとは当然相性が悪く、環境を上手く読んだ上で適切なデッキに適切な枚数を投入してやる必要がある。

カードパワーが向上し続ける中、ハンデスは常に相応の効果を発揮できる為、環境において無視できない存在であり続けている。
超天篇以降ではツインパクト化した《ゲオルグ・バーボシュタイン/ゴースト・タッチ》に代替わりしているが、長らく軽量ハンデスの代表格として多用され、ライバルの増えた今でもツインパクトの片割れとして活躍し続ける、いぶし銀の名カード。

環境において [編集]

黎明期は《アクアン》《サイバー・ブレイン》等の壊れドローが多く、それらの規制後はハンド・アドバンテージを稼げる《スケルトン・バイス》《クローン・バイス》に劣りがちで採用機会は少なかった。

《バイス》呪文2種の規制後、徐々に低コスト帯にも優秀なカードが増え、それらがプレイされる前に墓地へ落としてしまえる低コストハンデスの重要性も高まっていく。覚醒編《超次元ドラヴィタ・ホール》との相性の良さから大ブレイクし、【ドロマー超次元】の隆盛を支えた。
その後デッキパーツの規制や《永遠のリュウセイ・カイザー》《墓守の鐘ベルリン》等のメタカードの登場でやや下火となるも、ハンデスデッキは長らく環境の一角で存在感を保っていた。《特攻人形ジェニー》の登場もあり、それとの使い分けや併用がみられ、デッキによっては2コストハンデス8枚体制となることもあった。

初登場から約16年後、《傀儡将ボルギーズ/ジェニコの知らない世界》が登場。S・トリガーこそないものの同等性能の呪文面に加えて、【ドルマゲドンX】とシナジーする闇コマンドのクリーチャー面を持ち、総合性能でこちらを上回る。
そしてついにDMRP-08にてツインパクト化した上位互換、《ゲオルグ・バーボシュタイン/ゴースト・タッチ》が登場。

一時期は上位互換の登場によりこのカードも役目を終えることとなったと思われたが、DMEX-08期には5枚目以降のS・トリガー付き2コストランダムハンデスという利点を見出されて数合わせ的にこのカードを採用したハンデスデッキも見られた。

その他 [編集]

  • DMX-14フレーバーテキストはアニメ「タッチ」の第1期オープニングテーマ曲「タッチ」の歌詞「タッチ タッチ ここにタッチ」のパロディだろう。
  • 今でこそ手に入りやすい基本カードだが、DM-18からDMC-61にかけては再録機会に恵まれず、価格が高騰していた時期もあった。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

2020年9月17日のメンテナンス以降の能力

ゴースト・タッチ C 闇文明 (2)
呪文
S・トリガー
相手は自身の手札を1枚捨てる。
  • 補償として、2020年9月17日~10月15日の間、ノーマル版・プレミアム版ともに分解時のポイントがノーマル版生成と同額の50Pに引き上げられる。

関連カード [編集]

主な発展系、表記がなければ2コスト/ランダムハンデス/S・トリガーなし

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]