極神編(バイオレンス・ヘヴン) [編集]

デュエル・マスターズ6番目のシリーズ。
「極神編」と書いて「バイオレンス・ヘヴン」と読む。
目玉として新たに登場したのは、ゴッドという合体能力G・リンクを持つ種族
同時に多色カードも大々的に復活。ゴッドは大抵それぞれのコンビが違う文明に属しているということも合わせ、聖拳編以来の多色推奨シリーズとなった。

リスト全体の多色カード比率は全シリーズ中トップ。
とは言っても、意外と単色カードにも目玉が揃っており、特にベリーレア以上のフォイル系にはエキスパンションを代表するようなものも多数。
また、他シリーズに比べて新規キーワード能力が非常に少ないことも特徴。

このセットに当てはまるエキスパンションは、

の4つ。

多色カードは基本スペックが単色カードより高いこともあり、それを大量に盛り込んでいるどのエキスパンションも全体的に派手な収録。
特に登場直後にプレミアム殿堂コンビ措置がとられた《龍仙ロマネスク》プレミアム殿堂となった《聖鎧亜キング・アルカディアス》の存在は際立つ。

しかし、実は単色のカードのスペックの方がインフレ化が顕著であり、《ボルシャック・大和・ドラゴン》《封魔妖スーパー・クズトレイン》《スーパー・スパーク》《ダイヤモンド・ソード》など、元となったカードのあからさまな完全上位互換が多く見られる。逆に多色カードは、殿堂入りプレミアム殿堂したものを除けば、聖拳編の頃と大したインフレはあまり見られない。

多色専用種族ロスト・クルセイダーが登場。聖拳編時代の多色専用種族スピリット・クォーツも再来し、を含む物も遂に登場。

  • DM-26の発売時期には、売り上げが聖拳編後期の過去最高の値に並んだ。前2シリーズでやや低迷をしたデュエル・マスターズだが、少なくとも売り上げ的には極神編で復活。ある意味DMの衰退を救ったシリーズでもある。聖拳編と共に、多色の人気を売り上げで示している。

参考 [編集]