敗北回避能力 [編集]

敗北回避能力は、自分がゲームに敗北することや相手がゲームに勝利することを無効にする効果を生成する能力の総称。

不敗のダイハード・リュウセイ SR 火文明 (8)
クリーチャー:レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター 8000
自分のドラゴンが攻撃する時、相手のシールドを1枚選び、持ち主の墓地に置く。
W・ブレイカー
自分がゲームに負ける時、または相手が勝つ時、かわりにこのクリーチャーを破壊する。
このクリーチャーが破壊された時、そのターン、自分はゲームに負けず、相手は勝てない。

ダイレクトアタック等のゲームにおける決まり手をピンポイントで回避できるため、防御系の能力としては最上位の性能にあたる。
とはいえ決まり手以外には効果を発揮しないため、シールドが十分残存している序盤では腐りやすい。ただし、その場合でもシールドに関係なく勝利するエクストラウィンに対して効果を発揮する場合がある。

変わったところでは、味方のデメリットとして設けられている特殊敗北効果などを帳消しにする目的で使われることもある。

敗北回避能力の種類 [編集]

デュエル・マスターズにおける敗北のパターンは何種類かあるが、敗北回避能力を持つクリーチャーも何種類か存在し、条件によって回避できる敗北のパターンは変わってくる。

置換効果によって敗北を置換するものか、継続的効果で自分の敗北そのものを封じるカードが多い。

『攻撃による敗北を置換』タイプ [編集]

シールドが1つもない状態で相手によるダイレクトアタックが自分に通った場合、敗北自体を置換して回避できる。

《究極銀河ユニバース》などの「アタックトリガーによるエクストラウィン」は、単に攻撃でトリガーして「カードの能力で勝つ」だけで、攻撃そのもので勝つわけではないので回避できない。

このタイプに属するカードは以下。

『攻撃クリーチャーよる敗北を置換』タイプ [編集]

上記と同じダイレクトアタックによる敗北に加え、《究極銀河ユニバース》などの「アタックトリガーによるエクストラウィン」による敗北も置換して回避できる。

このタイプに属するカードは以下。

『攻撃以外による敗北を置換』タイプ [編集]

相手の勝利を置換する事で回避できる。特殊勝利特殊敗北ライブラリアウトが該当する。
継続的効果によるエクストラウィンは、一度置換しても敗北条件を満たし続けるため結果的に回避できない。

《完全防御革命》のテキストでは『(相手がゲームに)勝つ時』しか反応しないため、自分が負ける特殊敗北ライブラリアウトを回避する事ができない。《Q.Q.QX./終葬 5.S.D.》の『負けさせる』エクストラウィンを回避できるのかについては不明。

このタイプに属するカードは以下。

『無条件で置換』タイプ [編集]

攻撃かどうかによらず自分が敗北する場合にその敗北を置換して回避できる。上記の2タイプで回避できる状況すべてと単発的効果としての特殊敗北は回避する事ができる。

自分のライブラリアウトによる敗北や、継続的に発生する相手の特殊勝利効果は、一度回避しても敗北条件を満たし続けるため結果的に回避できない。
ただし、置換先が山札回復である《始虹帝 ミノガミ》《大魔王 ウラギリダムス》は、ライブラリアウトに限り回避することが可能。また、ループによって無限に敗北を置換できる場合、その敗北を無視してゲームを続行するという特殊裁定が出ている(通常は敗北効果が発生し続けるためゲームの続行自体が不可能になる)。

このタイプに属するカードは以下。

『自分の敗北・相手の勝利を禁じる』タイプ [編集]

自分がゲームに負ける、もしくは相手がゲームに勝つ事が封じられた状況を作り出す。この能力が有効である間に達成したいかなる自分側の敗北・相手側の勝利も完全に無効化される。
上記のタイプで回避できるものに加え、自分のライブラリアウト継続的特殊勝利効果、味方のあらゆる特殊敗北までも回避でき、そのままゲームが続行できる。

このタイプはさらに常在型能力型と誘発型能力型に分かれる。
常在型能力型は指定された条件を満たし、かつそのカードバトルゾーンに存在している間は常に敗北を回避できる。
誘発型能力型は誘発させる必要があるが、一度発動すればたとえそのカードバトルゾーンを離れたとしても、指定されたタイミングが来るまでの間、いかなる敗北も回避できる。

このタイプに属するカードは以下。

その他特殊なもの [編集]

ルール変更の可能性 [編集]

  • 2020年2月時点で、敗北回避能力の発生効果が状況起因処理に置き換わる可能性が事務局から指摘されている。

その他 [編集]

  • 敗北回避能力が機能するのは、あくまでゲーム内の処理で発生した敗北を回避する事ができる能力であり、反則・非紳士的行為による失格処分、または投了などの競技ルール上における敗北は回避することはできない。

関連項目 [編集]