剛勇王機(ごうゆうおうき)フルメタル・レモン》 [編集]

剛勇王機フルメタル・レモン VR 光/水/自然文明 (3)
クリーチャー:グレートメカオー/ワイルド・ベジーズ 1000
相手のクリーチャーの攻撃によって、相手がゲームに勝つ時、かわりに自分の山札の上から10枚を墓地に置いてもよい。そうした場合、相手はゲームに勝たない。

DM-25で登場した//自然グレートメカオー/ワイルド・ベジーズ
デュエル・マスターズにおいて初めて敗北回避能力を持ったカードであり、山札10枚と引き替えに相手の勝利を阻止することができる。

「相手のクリーチャー攻撃によって、相手がゲームに勝つ時」とは、
シールドが1枚もない状態で相手クリーチャーが自分を攻撃し、それを阻止できない場合。
である。

この場合山札を10枚墓地に置くことで負けを防ぐことができる。なお、ゲームはそのまま続けられる。

しかし、相手が大量展開してから攻撃してくる場面もザラにあり、その様な場合は攻撃一回に付き10枚を墓地に置かなければ負けてしまう。
自身のパワーも低く、召喚した後は殴り返しを受けない様に棒立ちさせる事が殆ど。

総じてかなり扱いの難しいクリーチャーである。

  • 山札が10枚未満の場合は、この効果を使うことができないので負けになる。また、10枚ちょうどでこの効果を使った場合は即座に、11枚の時は次の自分のターンドローした時点でライブラリアウトにより負けになる。また、この効果返霊などの山札回復をしない限り3回以上は使えない。
  • テキストが「相手はゲームに勝たない」となっているが、こうなっているのはこのクリーチャーと、《燃える革命 ドギラゴン》のみである。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

剛勇王機フルメタル・レモン R 光/水/自然文明 (3)
クリーチャー:グレートメカオー/ワイルド・ベジーズ 1000
相手のクリーチャーの攻撃によって、相手がゲームに勝つ時、かわりに自分の山札の上から10枚を墓地に置く。

レアリティレアになった。

デュエプレ変更の法則通り任意から強制になっているが、これは「使わないと負けが決定する」ため、TCG版通り任意だったとしても使わない選択肢は実質ないだろう。

タップキルには頼りないパワーになってしまったが、依然としてマナ基盤および《連珠の精霊アガピトス》からの呼び出し先として有用だと思われる。

アップデートによる能力変更前について [編集]

剛勇王機フルメタル・レモン R 光/水/自然文明 (3)
クリーチャー:グレートメカオー/ワイルド・ベジーズ 3000
相手のクリーチャーの攻撃によって、相手がゲームに勝つ時、かわりに自分の山札の上から8枚を墓地に置く。

パワーが3000に上がり、敗北回避能力山札墓地に送る量は8枚に減少していた。

本家ではネタカード同然だったが、こちらではブロッカーが無効化されたり、シールドがなくなったりした場合にも有効な受け札として色の合うデッキでは盛んに使われている。
特に、パワーが3000に上昇した点と、相性が最高の《連珠の精霊アガピトス》の存在が関係しているだろう。
また、DMPP-08時点のデュエプレでは3色カードが8枚しか存在せず、3色カードという時点で十分採用理由にもなりうる。

  • DMPP-08の実装前日に先駆けて公開された公式Q&Aでは、自分の山札が8枚未満でダイレクトアタックされても可能な限り山札を墓地に置いて効果が発動すると紹介された。しかし、DMPP-08がゲームに実装されると同時に不具合であると告知され、後に修正する予定であるとも書かれていた。
    • 修正が間に合わなかったのか、実装からしばらくの間、置換効果の原則に反した処理のままデュエルが行われていた。DMPP-08までのカードプールではゲームの勝敗に一切関係しなかったため、実害は何もなかった。
    • パワーと山札を墓地に置く枚数の変更が行われた際、同時にこの不具合も修正された。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-25DMPP-08
    これぞ勝利の一搾り!――剛勇王機フルメタル・レモン

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]