無限龍(むげんりゅう)ファタル・スパイラル》 [編集]

無限龍ファタル・スパイラル SR 水文明 (7)
進化クリーチャー:ポセイディア・ドラゴン/オリジン 9000
超無限進化−自分のオリジンまたはドラゴンのいずれか1体以上を重ねた上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、このクリーチャーの下に重ねたカード1枚につき、バトルゾーンにあるクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻してもよい。
W・ブレイカー

DM-35で登場した超無限進化ポセイディア・ドラゴン/オリジン

進化元にしたカード1枚に付き、cip《スパイラル・ゲート》を放つ。

これまでの超無限進化とは違い進化元が種族で固定されているが、能力がメテオバーンではなくcipであるため、進化元に使ったカードの枚数が即座に能力へと反映され、返しに除去されたとしても進化元分の仕事を終え切っているのがポイント。

時間稼ぎに近いバウンスとはいえ、大型クリーチャーが相手を除去しつつ登場するのは当然ながら強力。バウンスに制限がないため、進化クリーチャーなどによって進化元の枚数を多く取れば、相手のブロッカーフィニッシャーなどを一斉に除去しつつ攻め込むことが出来る。
また、自身を含めた味方のクリーチャーも手札に戻すことができるため、cipの再利用にも使うことができるなど応用力も高い。

単純なドラゴン進化として見ても悪くないが、既存の7マナ進化ドラゴンには《超竜バジュラ》《超神龍ザウム・ポセイダム》といった強力なカードが存在するため、9000のW・ブレイカーであるこのカードがドラゴンデッキにおいてこれらを押しのけるかと考えれば微妙でもある。
自分のクリーチャーも戻せる応用力の高さと、オリジンからも進化出来ることでこれらとの差別化を図っていくべきだろう。

オリジンは進化クリーチャーを含めて軽いものが多いので、能力を大きめに発動するのは楽。オリジン主体のビートダウンフィニッシャーとして使用するのも良いだろう。

  • 名前のファタル(Fatal)は「運命」もしくは「致命的」という意味を持つフランス語。そしてスパイラルはおそらくバウンス能力に由来して付けられたのだろう。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]