極限超絶神(きょくげんちょうぜつしん)ゼン》 [編集]

極限超絶神ゼン UC 光/自然文明 (4)
クリーチャー:ゴッド・ノヴァOMG 4000+
ブロッカー(このクリーチャーをタップして、相手クリーチャーの攻撃先をこのクリーチャーに変更してもよい)
パワード・ブレイカー(このクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。
自分のターンの終わりに、このクリーチャーをアンタップする。
右G・リンクOMG:《究極神アク》、「中央G・リンク」または「左G・リンク」を持つゴッドの右横(このクリーチャーが出る時、自分の指定ゴッドの右側にリンクしてもよい)

DMEX-17で登場した/自然ゴッド・ノヴァOMG

《超絶神ゼン》ゴッド・ノヴァOMGとなり、新たにマナ加速が追加された。
サイズ自体が小さくなったことで小回りが利くようになっており、リンク時限定の警戒も素の状態で発動できるようにもなっている。

ただ、パワーもかなり控えめになっていて、加えてパワード・ブレイカーとなったことで、リンク対象のパワーによってブレイク数の増加が一定でなくなった。
マナカーブ《大地と永遠の神門》《ゴッド・ゲート》に繋がるので、これらでリンク対象を確保したい。

ゴッドでありながらリンクを必要としない能力が多く、単体での運用も視野に入るクリーチャーと言える。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.自分のリンク状態の《極限究極神アク》《極限超絶神ゼン》がバトルゾーンにいる状況で、相手が《テック団の波壊Go!》を唱えて、「バトルゾーンにある相手のコスト5以下のカードをすべて、持ち主の手札に戻す。」を選択し、効果を解決した場合、どうなりますか?
A.結果的に、自分は《極限究極神アク》《極限超絶神ゼン》のうち、好きな方を手札に戻します。
リンク状態の《極限究極神アク》《極限超絶神ゼン》はコスト8のクリーチャーですが、カードとして参照される場合にはどちらもコスト4のカードであるため《テック団の波壊Go!》の効果で両方が同時に手札に戻ろうとします。その際、状況起因処理によって自分は《極限究極神アク》《極限超絶神ゼン》のうち1枚を選び、手札に戻します。

+  (総合ルール 803.7)

引用元(2021.10.22)