《デモンズ・ライト》 節を編集

デモンズ・ライト UC 水/闇文明 (4)
呪文
カードを2枚引く。
相手のクリーチャーを1体選ぶ。自分の手札1枚につき、このターン、そのクリーチャーのパワーを-1000する。(パワー0以下のクリーチャーは破壊される)

DMR-23で登場した/呪文。カードを2枚ドローし敵1体に自分の手札の枚数×1000のパワー低下を放つ。

この1枚だけで自分の手札と相手クリーチャー、二つのエリアに干渉できる。【青黒ハンデス超次元】【ドロマー超次元】などには待望の1枚だろう。
コツコツハンドキープをしながらバトルゾーンをコントロール、という基本的かつ理想的な動きをこれ1枚で可能にする。

2ドローがあるので、最低でも-2000のパワー低下は保証される。《異端流し オニカマス》などのアンタッチャブルを除けば、一撃奪取から《ウソと盗みのエンターテイナー》などの中型までのほとんどのシステムクリーチャーを破壊できる。

《コアクアンのおつかい》で墓地に落ちないドローソースという点でも優秀。《ブレイン・タッチ》同様に、痒い所に丁度手が届く優秀な一枚と呼べよう。

  • 最低限手札2枚は保証されているが、コントロール系統のデッキなら3〜4枚のハンドキープは期待できるので、より除去範囲を広げる事ができる。6000、7000クラスのパワー低下も不可能ではないが、あまり欲張るとタイミングを逸するので注意。

環境において 節を編集

登場から白青黒構築や【5色デッキ】の定番汎用ドローソースとして活躍している。

ドロマー構築の【ロージアミラダンテ】などでは、3ターン目の《コアクアンのおつかい》から繋げることにより、高めの火力を放つ事ができる。基本的に序盤はあまり手札を切らさず、ゆったりとゲームを進めるデッキなのでできる動きである。相手が出してきた《勝利のリュウセイ・カイザー》なども射程圏に捉えられる。また、コスト5以下の水の呪文なので《ドレミ団の光魂Go!》とも相性が良く、カウンターとして使用することもできる。その場合はブレイクによって手札が増えた分だけ、さらに火力も上がる。

ただ、同コストで同じ文明の汎用ドローソースである《知識と流転と時空の決断》が登場すると、単色を確保したい場合はそちらが優先されるケースも出てきた。

その他 節を編集

  • 『デュエル・マスターズ 超全集 革命ファイナル』では「中型以上は破壊できたらラッキーぐらいの気持ちでいけ!」と運用法について解説されている。

関連カード 節を編集

フレーバーテキスト 節を編集

  • DMR-23
    超魔学の真髄!
  • プロモ(P80/Y17)
    ……10%の才能と20%の努力……そして30%の臆病さ……残る40%は……’’運”だろう……な……

収録セット 節を編集

参考 節を編集