《タケノコ道中(どうちゅう)ヒアウィ(ごう) [編集]

タケノコ道中ヒアウィ号 VR 自然文明 (4)
クリーチャー:トリックス/チームウェイブ 5000
<バズレンダ>[無色(1)](このクリーチャーのコストを支払う時、追加で[無色(1)]を好きな回数支払ってもよい。このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのBR能力を1回と、追加で[無色(1)]支払った回数、使う)
BR-相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このクリーチャーとその選んだクリーチャーをバトルさせる。

DMRP-13で登場した自然トリックス/チームウェイブ

相手クリーチャーバトルするバズレンダcip能力を持つ。

バズレンダの要求コストが軽く、マナが余っていれば複数体の除去が容易に狙える。
追加コスト無しでもcipで相手のパワー5000以下のクリーチャーを最低1体は効果バトルで倒せる。

  • このカードの初出は第1回デュエマいやほいゲーム。→参考
    選択肢は以下の通り。
    1. アカウント☆バンブー……竹という意味の「bamboo」+アカウント凍結を意味する「アカウントBAN」
    2. タケノコ道中ヒアウィ号……正解の選択肢。「了解」と『東海道中膝栗毛』を合わせた造語「了解道中膝栗毛」+「お後がよろしいようで」を意味する「お後がHere we go」[1]
    3. アイスバトル・チャレンジ……筋萎縮性側索硬化症の研究支援活動の一貫で、氷水を頭からかぶっている様子をSNSで公開する。後に常連化
    4. Tik-Takke(ティックタッケ)……動画投稿アプリ「TikTok」のもじり

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


[1] 両者ともお笑いコンビであるEXITが多用する