龍炎鳳(りゅうえんほう)エターナル・フェニックス》 [編集]

龍炎鳳エターナル・フェニックス SR 火文明 (5)
進化クリーチャー:フェニックス 11000
進化V−自分のファイアー・バード1体とアーマード・ドラゴン1体を重ねた上に置く。
W・ブレイカー
バトルゾーンにある自分の、ドラゴンまたはフェニックスはすべて、タップされていないクリーチャーを攻撃できる。
このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、進化クリーチャーではない火のクリーチャーをすべて自分の墓地から自分の手札に戻す。

DM-13で登場した進化Vフェニックス

1つめの能力は自分のドラゴンフェニックスアンタップキラーにする能力。どちらの種族重くて並べにくいため、味方へのサポートはあまり考えず、単純なパワー11000のアンタップキラーとして考えた方がよい。

2つめの能力は文明には珍しい墓地回収
バトルゾーンを離れると進化でないクリーチャーを全て手札に戻し、失った戦力を一気に取り戻せる。デッキビルディング次第では大量の手札補充も可能だが、このクリーチャー除去されることが前提のため、あまり当てにせず保険のようなものと考えるのが無難である。

欠点は進化Vゆえの出し辛さ。重いクリーチャーで構成されるアーマード・ドラゴン進化元になっているため、召喚には手間を要する。

これについては《コッコ・ルピア》《ルピア・ラピア》などで素早くアーマード・ドラゴンを展開したり、《ファイナル・ドラグアーマー》《竜装 ムシャ・レジェンド》進化元を確保するとよい。もしくは《ボルシャック・NEX》ルピア進化元を揃えるということもできる。他にはG・ゼロで出せる《レクタ・アイニー》ファイアー・バード進化元に使えば、実質アーマード・ドラゴンの負担だけで済む。

総合的に、ビートダウンには重く、コントロールファイアー・バードアーマード・ドラゴンを使うなら他にいくらでも勝ち筋があり使いにくい。

スペックはいまひとつで、環境で結果を残したこともないが、メディアでは主役級であったことから華はあるといえる。
今では、アーマード・ドラゴンのプッシュも終わっているので、ガチデッキで使われることは、今後ないだろう。

専用デッキについては「【龍炎鳳エターナル・フェニックス】」を参照。

  • 映画の主役にもなったカードだが、収録された次の弾で《チッタ・ペロル》が登場してしまい、すぐに立場が危うくなるという憂き目にあっている。
  • DMC-53に再録されたものは、イラストの枠が、DM-19から使用されている惑星型フェニックスと同じ形になっている。
  • このカードの能力は《暗黒王デス・フェニックス》と対峙した際のことをイメージして考えられていると思われる。実際に《デス・フェニックス》を殴り返せるパワーを持ち、《デスフェニックス》のpigやシールド焼却能力で失った火のクリーチャーをpigでまとめて回収できるからである。
  • 2005年の映画「闇の城の魔龍凰」では物語・デュエル上において重要な役割を持つカードとして登場。
    作中ではアガメムノンが初めに使用し、不滅の肉体を持つ存在として実体化した《神滅竜騎ガルザーク》をエターナル・フェニックス自身が三叉剣に変じる形で封じ込めている。
    切札 勝舞の最後の切札としても使用され、《暗黒王デス・フェニックス》をバトルで破壊し、オルフェとのデュエルに終止符を打った。
    また、映画全体のテーマである「父親との親子愛」を象徴するカードとしても扱われている。
    「デュエル・マスターズ チャージ」でも勝舞やナイトが使用。
    • 映画に合わせたコラボで、ゲーム「ロックマンエグゼ5」に《暗黒王デス・フェニックス》と共にバトルチップとしてゲスト出演。しかしバトルチップには名前が収まりきらないため、チップ名は単に「フェニックス」となっている。実はチップ使用時に召喚されるクリーチャー本体は「デス・フェニックス」と共通であり、エフェクトで別々のクリーチャーに見えるように工夫されている。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

龍炎鳳エターナル・フェニックス SR 火文明 (5)
進化クリーチャー:フェニックス 12000
進化V−自分のドラゴン1体とファイアー・バード1体
T・ブレイカー
バトルゾーンに出た時、相手のパワー13000以下のクリーチャー1体を破壊する。
バトルゾーンを離れた時、自分の墓地から火のクリーチャーを、手札の上限枚数になるまで手札に戻す。

DMPP-05に収録された。

TCG版からの変更点は以下の通り。

TCG版のパワー11000のアンタップキラーでは《聖獣王ペガサス》《太陽王ソウル・フェニックス》を破壊することができなかった。
13000火力を得たことで、背景ストーリー通り5体の王を、火力またはバトルで破壊出来るようになった。
また、デュエプレにてすべてのバトルに勝つ能力を得た《英霊王スターマン》には、バトルを行わずに一方的に破壊でき、デュエプレにて離れた時全体除去効果を失い《陰謀と計略の手》と同じ効果を得た《蛇魂王ナーガ》は、《龍炎鳳エターナル・フェニックス》を道連れにできないようになっている。
パワーが上がった事で《エターナル・フェニックス》自身が封じた《神滅竜騎ガルザーク》パワーアタッカー状態)にも一方的に負けなくなっている。
墓地回収が進化も対象となったため、破壊しても進化元共々手札に帰り、まさに不死鳥の如く復活できる。

  • 墓地回収が強化されたとはいえ、出すことも困難な進化V離れた時能力の誘発を狙うというのは悠長で、活用の機会は見出しづらい。リソース補充が苦手な火文明が大規模な墓地回収ができるというのは強力だが、進化元2体+《エターナル・フェニックス》を一時的に失うテンポ面のディスアドバンテージは計り知れない。とはいえ、終盤のマナや場が貯まった状態なら返しのターンで逆襲できる事も少なくない。
  • 効果発動時のボイスは「我が炎で甦れ!」となっているが、このボイスは墓地回収時だけでなくcipの発動時にも使用される為、甦れと言いながら炎で焼き殺すという珍事が発生する。
  • DMPP-07では《ヘリオライズ・ドラゴン》が登場したため、多少使いやすくなった。しかし、根本的に5マナ支払い2体の進化元を消費して出すだけの価値がないという問題点は何も変わらないため、このカードが環境で使われることは結局ないだろう。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-05
    全ての戦いに終わりを告げる為に、最強にして最後の不死鳥仙界より降臨した。
  • DMPP-05 (シークレット)
    六体目の王は全ての生命を救うべく、五大王に立ち向かう。その聖炎で世界を照らすために。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]