無頼勇騎(ぶらいゆうき)ゴンタ》 [編集]

無頼勇騎ゴンタ UC(C) 火/自然文明 (2)
クリーチャー:ヒューマノイド/ビーストフォーク 4000

DM-10で登場した軽いヒューマノイド/ビーストフォーク
多色ながら、抜群のコストパフォーマンスを持つクリーチャー
以降に登場した多色クリーチャースペックから見ると、若干のオーバースペックであるほど。
このカードの登場により、他の2マナクリーチャー《クック・ポロン》等)は赤緑ビートダウンにおいてこのカードの5枚目以降となった。

このクリーチャーが2ターン目に召喚されるだけで、相手にとってはかなりきつい展開となった。特に【赤緑速攻】では勝ちパターンとなる。
多色なために2ターン目に召喚するのはやや難しいが、3ターン目以降に召喚しても、中速ビートダウンなどでの殴り返し役に働いてくれたりと、十分強力なクリーチャーであった。
種族も優秀で、進化クリーチャーの質・量ともに恵まれていることも魅力の1つである。

しかし、DMD-01で同コストにパワーが2000下がった代わりにスピードアタッカーを得た《無頼勇騎タイガ》が登場。
【速攻】はパワーより速さが求められるので、以降はタイガに居場所を譲ることとなった。

  • カードイラストから、ネイティブ・アメリカンがモチーフになっていると思われる。ゴンタとはネイティブ・アメリカンではポピュラーな名前の1つ。
    関西弁でもごんた(権太)と言う単語が存在し、腕白小僧、やんちゃ坊主という意味があるため、両方の意味を持った掛詞なのだろう。
  • フレーバーテキストでは友好色であるはずの自然が対立する存在のように書かれている。これは、自然は共に本能で動いてる存在だが、は自己中心的であるのに対し、自然は本能で共同体に貢献する存在であり、両者はその点で対立していることを表している。

関連カード [編集]

相互互換 [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-10DMC-34DMC-41DMC-61DMPP-03
    森を破壊する者育む者。利用する者、される者。二つの相反する力の結合は、一人の賢者が考え出した。
  • DMC-39
    人の知恵、獣の本能、その二つの力が新たなる時代を切り開く!
  • DMC-55
    戦闘の基本は力なり、まずはパワーがものを言う!――無頼勇騎ゴンタ
  • DMD-01
    大地と熱が生み出す力で、世界を手に入れろ!――無頼勇騎ゴンタ
  • SpDeck7
    多色クリーチャーは2つの文明を持ったすごいクリーチャーだ!マナチャージする時、タップ状態でチャージしなくちゃいけないのには注意!
  • パフチョコ1(P50/Y6)
    その動き、まさに疾風怒濤!
  • パフチョコ1(P58/Y6)
    心を燃やし尽くし、体は唸りをあげる。まさに、文明を越えた種の誕生だった。
  • パフチョコ4(P62/Y8)
    闘いを求め、ただ本能のまま躍動せよ!
  • パフチョコ4(P70/Y8)
    疾風怒濤の時代は、もう目の前。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]