【ガチャンコ ガチロボ】 [編集]

《ガチャンコ ガチロボ》で大量のクリーチャーコスト踏み倒しするハイリスクハイリターンなデッキ
《ガチャンコ ガチロボ》能力を安定させるため、クリーチャーコストをできるだけ揃え、クリーチャー以外のカードも必要最小限に留める構築がなされる。【ミセス・アクア】と同じく、コスト統一という珍しいデッキタイプであり、普段日の目の当たらないカードにも活躍の機会が与えられることがあることもこのデッキの魅力である。
【〇軸ガチロボ】(〇には統一するコストの数字が入る)と呼ばれることが多い。

ガチャンコ ガチロボ SR 水文明 (6)
クリーチャー:グレートメカオー/侵略者 6000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または攻撃する時、自分の山札の上から3枚を見せる。それがすべてコストが同じクリーチャーであれば、バトルゾーンに出す。それ以外なら、好きな順序で山札の一番下に置く。
相手のシールドが2つ以下なら、自分の水のクリーチャーは攻撃もブロックもされない。
W・ブレイカー

このデッキの特徴 [編集]

統一するコストによって「○コスト軸」あるいは【○軸ガチロボ】と呼ばれる。基本的には《ガチャンコ ガチロボ》と同じ6コスト軸が最も無難で安定している。
《ガチャンコ ガチロボ》によるコスト踏み倒しが基本となるので、文明問わず様々なクリーチャーが採用候補となりうる。そのため構築自由度は極めて高く、プレイヤーの個性が如実に反映される。

デッキカラー5色、もしくは4ほどで組まれる事が多く、配分としてはガチロボの文明であるマナブーストコスト軽減を有する自然スピードアタッカーを持つがやや多めになる事が多い。したがっては少なめ、もしくはタッチに近い形になりがちだが、その点もプレイヤーの好みや方向性に左右されやすく一概には言えない。

どの軸でも、採用されるクリーチャーは主に、《ガチロボ》をサーチするカード、《ガチロボ》にスピードアタッカーを付与するカード、《ガチロボ》を召喚するまでの時間を稼ぐS・トリガー獣などが中心となる。その他、デッキによってはマナブースト山札操作カードも追加される。

《ガチロボ》が出せる状況になったらすかさず《ガチロボ》を召喚能力で一気にクリーチャーを展開していく。能力が2〜3度決まれば並のデッキでは対処しきれないほどの手数が揃うはずなので、そのまま1ショットキル気味に攻勢に入れば、スパーク呪文《終末の時計 ザ・クロック》などが出ない限りは強引にダイレクトアタックまで持ち込むことができるだろう。

弱点 [編集]

その特異なデッキ構成と性質故に弱点は多い。コスト踏み倒しメタ《アポカリプス・デイ》などのリセットカード、特定のコストを封じたり除去する《「本日のラッキーナンバー!」》《7777777》など、例を挙げていくときりがない。

その様なカードを使われてあっさり詰んでしまわないよう、除去札やメタカードは優先的に投入しておきたい。

デッキ成立当初は、特定のコスト帯に偏る故の事故S・トリガー獣で捌ききれないほどの【速攻】なども懸念事項だった。これについてはツインパクトの登場である程度緩和されている。

軸別【ガチロボ】 [編集]

このページでは、

  • 【2軸ガチロボ】
  • 【9軸ガチロボ】
  • 【10軸ガチロボ】
  • 【11軸ガチロボ】
  • 【12軸ガチロボ】
  • 【13軸ガチロボ】

について解説する。

に関しては該当ページへ。

共通カード [編集]

共通カード

主要カード [編集]

候補サポートカード [編集]

以下の表の数字はそのカードのコスト(括弧は《ガチロボ》対象外である非クリーチャーのもの)。カンマ区切りはツインパクト。

超次元ゾーンの候補 [編集]

《ガチロボ》でめくられることはないためコストを気にしなくても良い。

サイキック・クリーチャー [編集]

ドラグハート [編集]

【2軸ガチロボ】 [編集]

候補カード [編集]

特徴 [編集]

優秀なコスト踏み倒しメタが多いので刺さる対面にはとことん刺さる。

しかし、《ガチロボ》を出した時の爆発力が低いことが難点であり、2コストを3体踏み倒すことが6コストであるこのクリーチャーでやるべきことかと言われれば疑問に残るところだろう。なにより、2コスト以上ののクリーチャーを出すことができ、呪文単体のカードを投入することもでき、さらに最速2ターン目に展開ができる【ロック“SPK”スピーカー】の存在が大きい。

しかし《ガチロボ》は《ロック“SPK”スピーカー》と違い、アタックトリガーで展開もできるため、《スニーク戦車 オーリー》などで《ガチロボ》にスピードアタッカー付与できればさらなる展開を狙える。

2コストと言っても、素出しプランも充実しており、メタビートとして回すことも容易なので、コスト踏み倒しメタには強固。《奇石 ミクセル》《音奏 プーンギ》が立っていればカウンター札もそこそこケアできるので詰めの性能は悪くない。何なら《ジャミング・チャフ》で呪文を完全に封殺したり《トゲ玉・キャノンボール》ブロッカーを一掃したりしてもよい。

【9軸ガチロボ】 [編集]

候補カード [編集]

《偽りの王 ヴィルヘルム》確定除去&ランデス
《偽りの王 ナンバーナイン/歓喜の歌》クリーチャー面は相手限定の呪文封じ、呪文面はコスト9サーチ
《光神龍スペル・デル・フィン》常時ピーピング状態で呪文ロック
《世紀末ゼンアク》自分のクリーチャー全てにモヤシ付与
《アイアン・マンハッタン》相手のシールドを一斉ブレイク&召喚ロック
《卍月 ガ・リュザーク 卍/卍・獄・殺》相手のマナをロックする
《姫様宣言プリンプリン》ciporバトルに勝った時コスト10以下のサイキック・クリーチャーを出す
《煌メク聖晶 弩楼/ビスティック・マース》相手よりマナが少なければ2ブースト
《ロールモデルタイガー》相手クリーチャーの攻撃先を誘導
《九極の精霊 マウリエル》相手クリーチャーのシールドブレイク数を1減らすブロッカー
《シェル・フォートレス》大量ランデス
《緑神龍ザールベルグ》
《閃光の守護者ホーリー》相手クリーチャーをオールタップするS・トリガー獣
《罠の超人》単体マナ送りのS・トリガー獣
《撃髄医 スパイナー》割り振りパワー低下。スーパー・S・トリガーはこのデッキだと基本腐る
《アクセル・カイザー「迅雷」》事実上唯一となる全体スピードアタッカー化手段だが対象はドラゴン限定
《王・龍覇 グレンモルト「刃」》《龍魂城閣 レッドゥル》2枚を呼び出すことで2体にスピードアタッカーを付与できる

特徴 [編集]

このコスト域からはオーバーキルな構築であり、安定しない。2コスト、3コストのマナブーストカードが存在しないため、事故を覚悟で他コストのサポートカードが必要となる。一応《閃光の守護者ホーリー》《罠の超人》《撃髄医 スパイナー》S・トリガー獣はそこそこいるのが救い。

【10軸ガチロボ】 [編集]

候補カード [編集]

《勝利宣言 鬼丸「覇」》ガチンコ・ジャッジで勝つたびに追加ターン
《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》シールド焼却T・ブレイカーで逆転の芽を摘む。
《正体不明》デメリット付きの展開補助。《キング・シビレアシダケ》との相性は悪い
《ハイパー・マスティン》NEOクリーチャーなので進化としても非進化としても踏み倒せる。展開補助が強力
《超絶の名 シャーロック》強力な超次元メタ。巨大アンタッチャブル
《聖霊王アルファリオン》進化元条件がやや厳しいが強力なロック性能持ち。エンジェル・コマンドに寄せるならG・ゼロも考慮の範囲内
《真実の名 アラシ・タイガー》ビート対策、展開補助に。採用するなら構築の段階でエンジェル・コマンド比率を高めるべし
《「覇道」の頂 シュラ・ベートーベン》ドラゴン軸のフィニッシャースピードアタッカー付与が強力
《勝利のレジェンド ガイアール》火力、展開補助が強力なドラゴン
《龍世界 ドラゴ大王》ドラゴン以外のクリーチャーをロック
《勝利天帝 Gメビウス》1ショットキルの性能に優れる
《知識の破壊者デストルツィオーネ》大型ハンデス。今引きすればノーコストの《デーモン・ハンド》
《悪魔神バロム・クエイク》リセット、ロックが強力。デーモン・コマンドに構築を寄せる必要がアリ
《超銀河竜 GILL》cipの段階で9000割り振り火力と1枚シールド焼却で一仕事
《バイブスブチアゲ・クラーケン》17000のマッハファイターでバトルに勝った時シールドマナ送り
《古代楽園モアイランド》相手の呪文フィールド展開を封じる
《大審絆官 イマムーグ》自分の場にクリーチャーが5体いれば全体除去耐性付与 シンパシーによる手打ちも
《終末の監視者 ジ・ウォッチ》相手のターンの残りをとばすロック能力
《「戦慄」の頂 ベートーベン》ビートダウンに対する避雷針。場のコマンドドラゴン除去耐性付与
《深海の伝道師 アトランティス》癖のあるS・トリガー獣
《「俺」の頂 ライオネル》ブロッカー、自分のシールドS・トリガー付与
《めっちゃ! デンヂャラスG3/ケッシング・ゼロ》味方にG・ブレイカー付与
《偽りの名 13/種族選別》呪文面で手札補充。クリーチャー面はワールド・ブレイカーの準バニラ
《審絆の彩り 喜望/キーボード・アクセス》貴重なS・トリガー+マナブースト
《スペリオル・シルキード》封印されない全体除去

特徴 [編集]

ツインパクトカードが少なく、序盤のマナブーストは4コストの《キーボード・アクセス》のみで、防御用のS・トリガーニンジャ・ストライクにも恵まれないコスト域。唯一の防御手段になりうるS・トリガー《めっちゃ! デンヂャラスG3/ケッシング・ゼロ》《深海の伝道師 アトランティス》がいるが、癖があって頼りになりにくい。しかも《アトランティス》は横に並べる《ガチロボ》とアンチシナジー
《ガチロボ》の召喚までの初動を安定させたければ、事故が起こることを覚悟の上で、他のコスト帯のサポートカードを入れる必要がある。

【11軸ガチロボ】 [編集]

特徴 [編集]

11コストはS・トリガーツインパクトが一切存在しないコスト域であり、さらにオーバーキルが増した型。碌な初動が無いため、《ミステリー・キューブ》などが唱えられる5マナに達する前まではノーアクションというのもざら。《異端流し オニカマス》への対処は意外にも《偽りの王 モーツァルト》《「終焉」の頂 オーエン・ザ・ロード》など抜かりがない。《洗脳センノー》など、踏み倒し自体させないカードを出された場合、敗北は確定。

【12軸ガチロボ】 [編集]

《熱血龍 三代目 D ソウル B》自身を含む自軍のドラゴンに効果バトルcip付与
《龍素記号Mj リンシャンカイホ》このコスト軸は呪文がサポートカードしか入らないため、準バニラ同然。一応、《D ソウル B》とは種族的なシナジーがある。
《「破滅」の頂 ユートピア・エヴァー》バトルを肩代わりできるアンタッチャブル。《ガチロボ》を守るのに役立つ。
《神誕の大地ヘラクレス》このデッキでは準バニラマナ基盤としての役割が強い。
《GF隊総大将 無敵ング》実質準バニラ
《ボントボルト》バトルに勝てば1ターンを凌げる16000マッハファイター
《超絶奇跡 鬼羅丸》実質スピードアタッカー化のみが目的
《暴走龍 5000GT》コスト踏み倒しメタなどウィニーを一掃
《無法伝説 カツマスター》《5000GT》では届かない《デスマッチ・ビートル》に対処
《大樹王 ギガンディダノス》cipでオールハンデス、相手の攻撃を制限

特徴 [編集]

完全に冗談の域で、デッキをコスト12のクリーチャーで固めること自体が目的のようなもの。
コストは12であるものの、その大半が自力でコスト踏み倒しコスト軽減ができる能力を持っていること、ゼニス召喚時能力が使えないことから、踏み倒した時のスペックは【10軸】や【11軸】はおろか、【8軸】や【9軸】よりもおちることも。さらに、特定のコンボを使用しないと実質準バニラと大差ないスペックになるカードも多いため、オーバーキルですらないジャンクデッキ同然の仕上がりになる。

【13軸ガチロボ】 [編集]

《「終」の極 イギー・スペシャルズ》アタックトリガーで下のカードの数だけハンデスor除去。進化元は2種類のみ
《無限の銃刃 ダン・クローリー》∞ ブレイカーを持つが、スピードアタッカーを持たないため即戦力にならない
《世紀末ヘヴィ・デス・メタル》スピードアタッカーワールド・ブレイカーを持つが、踏み倒すとデッキに戻ってしまう
《「我」の極 エゴイスト》2回攻撃できるオレ進化獣。1体維持するのが限界で理論上2体以上展開する事ができない。
《大魔王 ウラギリダムス》このデッキでは準バニラになってしまうことが多い
《トランプ・だいとうりょう》アタックトリガーで敵軍をすべて山札送りにできるが、召喚酔いするため即戦力にならない
《侵略開始!!にゃんこ軍団/にゃんこ砲発射!》バトルに勝つと手札交換
《歓楽龍 ガルザ・ガルザ・ガルザ》ターン終了時4枚墓地肥やし&1枚ドロー以外の効果は無いも同然

特徴 [編集]

現時点では13コストのクリーチャーは8種しかないため、全て4枚フル投入しても32枚が限界。絶対数が足りていないため、スペック云々の問題ではなくなっている。残り8枚は《ガチロボ》と他のカードで埋めることになるので、事故率がとても高い。これも準バニラに近いスペックが多いため、やはり安定しない。無論12軸未満のジャンクデッキと変わりないのは言うまでもない。

その他 [編集]

  • 公式関係者の中ではダイキがこのデッキの使い手であり、イベントや動画などで度々使用している。
  • コロコロチャンネル内で公開された対戦企画動画「10人デュエマ」では、開発部の鬼シャバ(射場本正巳氏)が5色の6コスト軸型を使用。【赤黒ドギラゴン剣】【モルト NEXT】などの凶悪なデッキも使用された中で見事優勝を飾っている。
    各人の判断に展開が大きく左右されるルールだったとはいえ、前述のようなガチデッキ相手に栄冠を勝ち取ったのは快挙といえるかもしれない。

参考 [編集]