聖霊王(せいれいおう)アルファリオン》 節を編集

聖霊王アルファリオン P 光/水文明 (10)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド 15500
G・ゼロ:バトルゾーンに自分のエンジェル・コマンドが5体以上あれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
進化:自分のエンジェル・コマンド1体の上に置く。
T・ブレイカー
相手は呪文を唱えられない。
相手のクリーチャーを召喚するコストは5多くなる。

DMD-32で登場した/進化エンジェル・コマンド

新たな聖霊王の1体であり、歴代アルカディアスと同様に凄まじい制圧力を誇る。
自分のエンジェル・コマンドが5体以上いる事を条件としたG・ゼロ《光神龍スペル・デル・フィン》《偽りの王 ナンバーナイン》と同じ呪文ロック能力、更に相手の召喚コストを5増加させる能力を持つ。

元となった《聖霊王アルファディオス》と同様コストが10と高いが、エンジェル・コマンドが5体以上いる事を条件としたG・ゼロを持っており、そちらよりはるかに出しやすい。
エンジェル・コマンド進化元でもあるため、G・ゼロの条件を満たした状態で進化できないことはまずない。

エンジェル・コマンドを一気に5体以上並べるには以下の様な方法が存在する。

  1. 《歴戦の精霊龍 カイザルバーラ》エンジェル・コマンド・ドラゴン【白単連鎖】を利用し展開。《真紅の精霊龍 レッドローズ》コスト4のエンジェル・コマンドor《光流の精霊ガガ・カリーナ》《時空の霊魔シュヴァル》で締めるとちょうど5体となる。
  2. ウィニーを並べた後《ビックリ・イリュージョン》エンジェル・コマンドエンジェル・コマンド・ドラゴン)を種族追加する。
  3. 《極まる侵略 G.O.D.》能力コスト9のエンジェル・コマンドを一斉にコスト踏み倒しする。
  4. 《真実の名 タイガー・レジェンド》ガチンコ・ジャッジで4回以上勝利する。

無論、上記のようなコンボに頼らず《ヘブンズ・ゲート》《天門の精霊ヘブンズ》で地道にエンジェル・コマンドを並べていくという方法も不可能ではなく、DMD-32はこの戦法を軸としたデッキ構成となっている。

呪文ロック《悪魔神王バルカディアス》と同様、多色になったせいか全文明・相手のみを封じるようになっている。
さらに、クリーチャーロックも全文明・相手のみになった。その代わり効果が召喚禁止からコスト5増加に緩和されているが、いずれにせよ相手がクリーチャー召喚しづらくなるのは確実。

弱点は、初代《聖霊王アルカディアス》と同じくすでに場に出ているカードには全く干渉しない点と、S・トリガーニンジャ・ストライクG・ゼロ《龍覇 ザ=デッドマン》等の代替コスト持ちのクリーチャーの登場を許してしまう点。
特に後者は《聖霊王アルファディオス》とは大きく異なる点であり、《凶殺皇 デス・ハンズ》など革命編以降のS・トリガー獣の強化も相まってあちらほど安全に攻撃は通らない。
また、召喚以外のコスト踏み倒しにもあちらと同様無力。

それでも相手のみのクリーチャー呪文ロックは非常に強力で、早期に出せばゲームの流れを掌握できる事は間違いない。G・ゼロを活かし素早い召喚を狙おう。

関連カード 節を編集

収録セット 節を編集

参考 節を編集