The()邪悪(じゃあく) 寄成(きなり)ギョウ》 [編集]

The邪悪 寄成ギョウ SR 水/闇/自然文明 (11)
クリーチャー:ジュラシック・コマンド・ドラゴン 12000
T・ブレイカー
相手のクリーチャーが出て、その能力がトリガーする時、かわりに自分がその能力を使う。
相手のターンのはじめに、クリーチャーを1体、相手の墓地から選んでもよい。そうしたら、相手はそれをタップして出す。

DMEX-15で登場した//自然ジュラシック・コマンド・ドラゴン

相手のクリーチャーのcipを置換効果で無効化するどころか、自分が使うという前例のない能力を持つ。

cipを無力化するだけでも強力だが、相手のcipを使ってアドバンテージを獲得できる。相手からすればcip持ちクリーチャーを出すだけで相手にアドバンテージを与えてしまうため、容易にクリーチャーを展開できなくなる。
特にグッドスタッフ的なヘヴィ級を集められる【5色コントロール】に対しては天敵となる。

また、相手のターン開始ステップに相手のクリーチャー1体をタップイン状態でリアニメイトさせる能力も持ち合わせている。
cipを奪う能力と合わせることで相手の墓地のクリーチャーcipを強制的に強奪でき、タップインなので攻撃に使われる危険も少ない上に、cipを使った後はタップキルする事で、次のターンに再度リアニメイトしてcipを奪うことができる。
同じく、S・トリガーで出てきたクリーチャーcipも無力化できるため、詰めとしても優秀。《革命目 ギョギョウ》《メヂカラ・コバルト・カイザー》の能力を能動的に発動できるのもポイント。
ただし、《終末の時計 ザ・クロック》には注意。能力を奪ったところで、結局無力化できずにそのターンの攻撃を止められてしまう。

深く考えなくとも、《父なる大地》で相手のcipを能動的に発動することができる。豪快さを求めるなら、《Dの妖艶 マッド・デッド・ウッド》で相手に大量展開させるのも良い。

欠点は11マナと重く、このクリーチャー自体はcipを持たないところ。能力発動には多少のタイムラグもあり、相手の墓地が少ないとせっかくの強奪能力も十分に活かせない。
幸いにも青黒緑3色コマンド・ドラゴンなので踏み倒しで出す際には事欠かない。退化との相性もよく、cipを持たないため退化させて出しても能力をフルに使えるほか、墓地進化手札進化に対応しているため退化元の選択肢も幅広い。変わったところでは《ライマー・ランサー》《蝕王の晩餐》で出すことも可能。
能力の強奪を狙うなら除去ハンデスで積極的に削っていくべき。《偽りの王 ヴィルヘルム》《偽槍縫合 ヴィルジャベリン》《焦土と開拓の天変》などはこのクリーチャーを召喚するまでの時間稼ぎも出来るので一石二鳥。

【ミステリー・キューブ】コスト踏み倒し先としても候補に挙がるようなスペック重さである。デッキビルディングの際に考慮に入れて損はない。

ルール [編集]

  • 便宜的には、相手クリーチャー能力を、テキスト中の「相手」を「自分」に、「自分」を「相手」に読み替えると、能力の特性が理解しやすい。言い換えるならば、「相手のクリーチャーを自分が奪ってバトルゾーンに出したかのように扱う」感覚に近い。
    • ただし、あくまで便宜的には、であり、任意効果の発動権やモードの選択権は《The邪悪 寄成ギョウ》側のプレイヤーにある。この点は、先述の読み替えだけでは分からないため、別途認知しておきたい。
    • 革命マナ武装といった条件付きのcipを使う場合、「相手」ではなく「自分」のゾーンを参照するため、自分がその条件を満たしていなければ効果解決できない。
  • 能力の発生源は、相手が出したクリーチャーであり、《The邪悪 寄成ギョウ》ではない。
  • 相手がバズレンダなどで追加コストを支払ってクリーチャーを出した時、その追加で払った回数分効果が使える。

環境において [編集]

DMRP-18期にはこれを入れた【青黒退化】オリジナルチャンピオンシップで続々4位以内入賞を果たした。退化先になるのは当然のこと、《竜魔神王バルカディア・NEX》で呼び出してそちらと共にカウンター封じを活かして安全にフィニッシュできるのも大きい。

その他 [編集]

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《The邪悪 寄成ギョウ》が持つ「相手のクリーチャーが出て、その能力がトリガーする時、かわりに自分がその能力を使う。」とは、どういう能力ですか?
A.《青銅の鎧》の「出た時」や、《SSS級天災 デッドダムド》のバトルゾーン以外のゾーンから「上に重ねた時」、《蒼き団長 ドギラゴン剣》の「革命チェンジ」によってバトルゾーンに出た「ファイナル革命」、《キング・マニフェスト》の「バズレンダ」、《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》の「召喚によってバトルゾーンに出た時」など、相手のクリーチャーが出てトリガーした効果を、《The邪悪 寄成ギョウ》を出しているプレイヤーが使える能力です。
引用元

Q.自分の《The邪悪 寄成ギョウ》と相手の《雷鳴の守護者ミスト・リエス》がバトルゾーンにいる状況で、クリーチャーがバトルゾーンに出た場合、《雷鳴の守護者ミスト・リエス》の「他のクリーチャーがバトルゾーンに出た時」の能力をかわりに自分が使い、相手のかわりに自分がカードを引けますか?
A.いいえ、引けません。《The邪悪 寄成ギョウ》の能力は、「他のクリーチャーが出た時」のような、バトルゾーンに出たクリーチャー以外が持つ能力を使うことはできません。
引用元

Q.自分の《The邪悪 寄成ギョウ》と、相手の《コッコ・ルピア GS》がバトルゾーンにいる状況で、相手は《熱血龍 バトクロス・バトル》をバトルゾーンに出しました。その「出た時」の能力をかわりに自分が使いますが、《熱血龍 バトクロス・バトル》ではなく、《The邪悪 寄成ギョウ》が相手のクリーチャーとバトルしますか?
A.いいえ、バトルするクリーチャーは《熱血龍 バトクロス・バトル》です。《The邪悪 寄成ギョウ》を出しているプレイヤーが、《熱血龍 バトクロス・バトル》と、相手の《熱血龍 バトクロス・バトル》以外のクリーチャーをバトルさせます。
例の場合、《熱血龍 バトクロス・バトル》《コッコ・ルピア GS》とバトルさせることができます。
引用元

Q.自分の《The邪悪 寄成ギョウ》がバトルゾーンにいる状況で、相手は《悪魔妖精ベラドンナ》をバトルゾーンに出しました。その「出た時」の能力をかわりに自分が使いますが、自分は《The邪悪 寄成ギョウ》を破壊することになりますか?
A.いいえ、破壊されるクリーチャーは《悪魔妖精ベラドンナ》です。能力にある「このクリーチャーを破壊してもよい」を使うか使わないかは《The邪悪 寄成ギョウ》側のプレイヤーが選び、選択肢も《The邪悪 寄成ギョウ》側のプレイヤーが選べます。
引用元

Q.自分の《The邪悪 寄成ギョウ》がバトルゾーンにいる状況で、相手は《龍覇 グレンモルト》をバトルゾーンに出しました。その「出た時」の能力をかわりに自分が使いますが、自分の超次元ゾーンにあるドラグハート・ウェポンを選び、それを相手の《龍覇 グレンモルト》に装備することになりますか?
A.いいえ、装備できません。自分の条件にあうドラグハート・ウエポンをバトルゾーンに出し、相手の《龍覇 グレンモルト》に装備しようとしますが、自分のカードを相手のカードに付けることはできませんので、そのドラグハート・ウエポンを超次元ゾーンに戻します。
引用元

Q.自分の《The邪悪 寄成ギョウ》がバトルゾーンにいる状況で、相手は《怒英雄 ガイムソウ》をバトルゾーンに出しました。その「マナ武装」をかわりに自分が使いますが、自分と相手のどちらのマナゾーンに火のカードが7枚以上あれば使えますか?
A.《The邪悪 寄成ギョウ》を出しているプレイヤーのマナゾーンを参照し、火のカードが7枚以上あれば使えます。条件を達成していた場合、《The邪悪 寄成ギョウ》を使っているプレイヤーが《怒英雄 ガイムソウ》以外の火の進化ではないクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出せます。
引用元

Q.自分の《The邪悪 寄成ギョウ》がバトルゾーンにいる状況で、相手は《勝利のアパッチ・ウララー》をバトルゾーンに出しました。その「出た時」の能力をかわりに自分が使いますが、処理はどうなりますか?
A.自分が相手の手札を見ないで1枚選び、そのカードと同じ文明を持つ、コスト8以下のハンター・サイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出します。
引用元

Q.自分の《The邪悪 寄成ギョウ》がバトルゾーンにいる状況で、相手は自身のクリーチャーを4体破壊して《BAKUOOON・ミッツァイル》をバトルゾーンに出しました。その「出た時」の能力をかわりに自分が使いますが、自分は何回GR召喚しますか?
A.4回GR召喚します。
引用元

Q.バトルゾーンに自分の《ソニック・IV・ワン》と相手の《The邪悪 寄成ギョウ》がいます。《ソニック・IV・ワン》《The邪悪 寄成ギョウ》の効果はどちらも置換効果ですが、自分のターン中にクリーチャーをバトルゾーンに出した際、その能力はどうなりますか?
A.《ソニック・IV・ワン》の効果を先に使えるので、2度トリガーさせることができます。置換効果はターンプレイヤーから解決され、連鎖しないため、《The邪悪 寄成ギョウ》の効果は適用されません。
もし相手のターン中であれば《The邪悪 寄成ギョウ》の効果が優先され、出したクリーチャーの能力は2度トリガーしません。(総合ルール 101.5)
引用元

Q.相手の《The邪悪 寄成ギョウ》がバトルゾーンにいる状況で、相手のターン中、自分の手札が捨てられる際、かわりに《斬隠蒼頭龍バイケン》をバトルゾーンに出しました。クリーチャーを手札に戻す能力は、《The邪悪 寄成ギョウ》の効果で相手に使われてしまいますか?
A.いいえ、自分が使えます。《斬隠蒼頭龍バイケン》の効果は出た時にトリガーする能力ではないので、《The邪悪 寄成ギョウ》の効果の対象にはなりません。
引用元

Q.相手の《The邪悪 寄成ギョウ》がバトルゾーンにいる状況で、自分は《アクア・サーファー》を「S・トリガー」で2枚宣言しました。1体目をバトルゾーンに出した際、その「出た時」の能力を《The邪悪 寄成ギョウ》の効果で使うのと、2体目の《アクア・サーファー》をバトルゾーンに出すのはどちらが先ですか?
A.2体目の《アクア・サーファー》を召喚してバトルゾーンに出すのが先です。
引用元

Q.相手の《The邪悪 寄成ギョウ》《∞龍 ゲンムエンペラー》がバトルゾーンにいる状況で、自分は《青銅の鎧》をバトルゾーンに出しました。その「出た時」の能力を相手は使えますか?
A.いいえ、コスト5以下のクリーチャーの能力を無視していますので、《青銅の鎧》の「出た時」の能力はトリガーしません。よって、《The邪悪 寄成ギョウ》の効果でかわりに使えません。
引用元

Q.相手の《The邪悪 寄成ギョウ》がバトルゾーンにいる状況で、自分の《ジョット・ガン・ジョラゴン》の「ジョラゴン・ビッグ1」を使えますか?
A.はい、使えます。《The邪悪 寄成ギョウ》の効果は、相手のクリーチャーがバトルゾーンに出ることによってトリガーする相手のクリーチャーの能力のみが対象です。
引用元

Q.自分のターン中、自分の《The邪悪 寄成ギョウ》がバトルゾーンにいる状況で、相手は「S・トリガー」で《熱血龍 バトクロス・バトル》をバトルゾーンに出しました。《熱血龍 バトクロス・バトル》の「相手のターン中にこのクリーチャーをバトルゾーンに出していたら~」の能力を自分がかわりに使うことになりますが、《The邪悪 寄成ギョウ》を山札の一番下に置きますか?
A.いいえ、そのターンの終わりに山札の一番下に置かれるのは《熱血龍 バトクロス・バトル》です。
能力は《The邪悪 寄成ギョウ》の持ち主が使いますが、移動するクリーチャーは変わりません。
引用元

Q.相手のターン中、自分の手札に《斬隠蒼頭龍バイケン》があり、自分の《The邪悪 寄成ギョウ》がバトルゾーンにいる状況で、相手は《怨念怪人ギャスカ》をバトルゾーンに出しました。その「出た時」の能力をかわりに自分が使いますが、自分の手札をすべて捨てる際、この《斬隠蒼頭龍バイケン》はバトルゾーンに出せますか?
A.いいえ、置換効果は1つのイベントに1回しか適用されませんので、《斬隠蒼頭龍バイケン》は墓地に置かれます。(総合ルール 609.3)
引用元

Q.自分の《The邪悪 寄成ギョウ》《龍風混成 ザーディクリカ》の2体のみがバトルゾーンにいる状況で、相手は《堕魔 ドゥポイズ》をバトルゾーンに出しました。その「出た時」の能力をかわりに自分が使いますが、この時、「EXライフ」のような離れる時、破壊される時の置換効果はどうなりますか?
A置換効果は1つのイベントに1回しか適用されませんので、《The邪悪 寄成ギョウ》の置換効果で使った《堕魔 ドゥポイズ》の能力により破壊されるクリーチャーの置換効果は適用できません。今回の例の場合、《龍風混成 ザーディクリカ》は「EXライフ」を適用できずに破壊され、墓地に置かれます。また、この際「EXライフ」で追加したシールドはシールドゾーンに残ります。
引用元

Q.自分の《The邪悪 寄成ギョウ》と相手の《勝熱英雄 モモキング》がバトルゾーンにいる状況で、相手は《究極生命体 Z》をバトルゾーンに出しました。その「出た時」の能力をかわりに自分が使いますが、自分は相手の《勝熱英雄 モモキング》を選び、破壊できますか?
Aいいえ、効果の発生源は《究極生命体 Z》で、単色のクリーチャーですので、相手の《勝熱英雄 モモキング》は選べません。
引用元

Q.相手のターン中、自分の《The邪悪 寄成ギョウ》がバトルゾーンにいる状況で、相手は《青寂の精霊龍 カーネル》をバトルゾーンに出しました。「出た時」の能力をかわりに自分が使い、その《青寂の精霊龍 カーネル》を選びましたが、この《青寂の精霊龍 カーネル》の能力にある、「次の自分のターンのはじめまで」とはいつまでですか?
A.次の自分[1]のターンのはじめまでになります。この場合、《青寂の精霊龍 カーネル》は、次のターンからブロックできるようになります。
引用元


[1] 《The邪悪 寄成ギョウ》側のプレイヤー