究極生命体(きゅうきょくせいめいたい) Z(ザキラ) [編集]

究極生命体 Z P 闇文明 (7)
クリーチャー:ダークロード/デーモン・コマンド/ドラゴン・ゾンビ 7000
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体破壊する。
このクリーチャーを自分の墓地から召喚してもよい。

DMX-22で登場したダークロード/デーモン・コマンド/ドラゴン・ゾンビ

そのイラストと名前はもちろん漫画・アニメデュエル・マスターズに登場したザキラそのものである。

その能力は《狼虎サンダー・ブレード》墓地召喚及びダークロード/ドラゴン・ゾンビが付け足されたものであり、ハンターでなくなった点を除けばそちらの上位互換
呪文メタの影響を受けず、かつ堅実にフィールドアドバンテージを稼ぐことができる確定除去持ちクリーチャーの強さは既にそちらで証明済みだが、予め墓地に置いておくだけで手札を減らすこともなく必要なタイミングで確定除去を飛ばすことができるようになり、更に汎用性が高まっている。墓地肥やし手段を持つあらゆる入りデッキで採用が検討できるだろう。直前に販売されたDMD-25とも好相性で《邪眼皇ロマノフI世》《ダンディ・ナスオ》cipで確実に墓地に送ることができる。

  • 墓地に置かれているとき、このカード自体の効果を使わずとも上述3種族はいずれも墓地からの展開にも長けるためそっちで引っ張りだすことも可能。このため相手にとっては自分が意識するよりも脅威となるだろう。
  • 墓地召喚ができるコスト7のドラゴンなので、テック団やアクミ団と合わせることで、確定除去を放ちながらの革命チェンジ元となれる。
  • イラストには番外編「Z」でクリーチャーとなって生まれ変わったザキラの姿が描かれている。この姿では「真のデュエル」に敗北しても傷一つ負わない他(本人曰く「心地よい風」)、宇宙空間でも生存可能などの生前とは比べ物にならないパワーを具えている。
  • 「究極生命体」の元ネタは「ジョジョの奇妙な冒険 第2部 戦闘潮流」に登場した敵キャラ「カーズ」だろう。逃げる主人公を追う際に鳥の翼を出した姿と酷似している。フレーバーテキストでは宇宙を支配できるらしいが、元ネタのカーズは宇宙に飛ばされたことで敗北している。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]