《センチネル・ドラゴン》 [編集]

センチネル・ドラゴン C 火文明 (4)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 3000+
バトルゾーンに出た時、自分の山札から《センチネル・ドラゴン》を1枚を公開してから手札に加える。その後、山札をシャッフルする。
パワーアタッカー+1000

DMPP-07で登場したアーマード・ドラゴン

《ボルシャック・バディ・ドラゴン》同様、手札補充ができる4コストドラゴンという大きなバリューがある。
火文明かつドラゴンを手札消費なしで出し続けられるという点が大きなメリットであり、《バルケリオス・ドラゴン》G・ゼロを満たしたり《超神星アポロヌス・ドラゲリオン》の進化元を用意するなどできる。
《コッコ・ルピア》→《センチネル・ドラゴン》x2→《センチネル・ドラゴン》+《超神星アポロヌス・ドラゲリオン》と繋ぐことも。

  • フレーバーテキストでは「龍が復活した」とあるが、《ハイドロ・コミューン》等で触れられている「新世界」における出来事なのだろう。プレイヤー目線で見ると前弾のDMPP-06でも新規ドラゴンは収録されているので、ドラゴンが絶滅した期間があったという実感はない。また、《蒼神龍ノースグレイ》でも同一の原因による事象らしきものが語られている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-07
    煉獄の開放と、その反動による時空の歪み。この2つの理由によって、世界にが復活した。

収録セット [編集]

参考 [編集]