暗黒(あんこく)騎士隊長(きしたいちょう)ZAGAAN(ザガーン) [編集]

暗黒の騎士隊長ZAGAAN SR 闇文明 (7)
クリーチャー:デーモン・コマンド 8000
バトルゾーンに出た時、自分の他のクリーチャーを好きな数破壊してもよい。こうして破壊したクリーチャー1体につき、自分の山札、墓地または手札から《暗黒の騎士ザガーン》1枚をバトルゾーンに出す。
自分の《暗黒の騎士ザガーン》はすべて「ブロッカー」を得る。
W・ブレイカー

DMPP-10EXで登場したゲームオリジナルカード

cipで自分のクリーチャーを任意で破壊し、《暗黒の騎士ザガーン》に変換する能力を持つ。山札からも出せるので、事前の墓地肥やしは不要である。
あくまでゲーム内から呼び出すため、《ザガーン》4枚積みないしはそれに近い構築でなければ本領発揮できない。このカード自身を含め、かなりのデッキスペースを割く必要がある。

その上、このクリーチャーをバトルゾーンに出す時点で、破壊コストに使えるクリーチャーを盤面に並べておかなければならない。
コスト7クリーチャーを出せる程度にマナを伸ばしつつ、クリーチャーもある程度出すデッキでの採用が求められる。

《猛菌恐皇ビューティシャン》など、自分の攻撃できないクリーチャーを排除しつつ、盤面を肥大化させることができる。出た《ザガーン》はブロッカーとなっているので守りは薄くならない。
《ボーンブレイド・ドラグーン》《機動要塞ピラミリオン》など、低コストで横並びできるクリーチャーと組み合わせても面白いだろう。
デーモン・コマンドを複数体並べられるので、それを活用できる《漆黒戦鬼デュランザメス》《悪魔聖霊アウゼス》《超神星ネプチューン・シュトローム》などとも相性が良い。
《封魔魂具バジル》《暗黒凰ゼロ・フェニックス》などを自主的に破壊する手段としても一考できる。

《暗黒の騎士ザガーン》とはコストが1違うのがポイントで、《ロスト・チャージャー》で《ZAGAAN》をピンポイントで墓地に落とし、《インフェルノ・サイン》で釣り上げることもできる。
ただし《デュランザメス》や《ゼロ・フェニックス》などコスト7以上のカードを採用する場合は《ロスチャ》を使っても確定では墓地に落とせなくなることに注意。

  • 出すゾーンの優先順位は、テキストの順番通りに1.山札 2.墓地 3.手札である。

その他 [編集]

  • 自分のクリーチャーを破壊して《暗黒の騎士ザガーン》を呼び出す能力はレジェンドバトルにおいて加賀美ハヤトが有していたレジェンドスキル「後方覇王面」と非常によく似ており、恐らくはこのレジェンドスキルが能力における直接のモチーフになっていると思われる。
  • 公式生放送にも出演している愛の戦士氏[1]には「(デッキのお荷物をマナチャージに使うのは)不敬罪だ」と呼ぶネタがあり、《ZAGAAN》はマナ置きに使った《ザガーン》は踏み倒しできない点がそれに類似していると話題になった。
  • 《いにしえの超人》デュエプレ未実装)のフレーバーテキストには、そのクリーチャーを《ザガーン》が止められない様子が描かれている。《いにしえの超人》は闇のクリーチャーにブロックされない能力を持つため、ブロッカーを得た《ザガーン》でも素通しを許してしまい、《ザガーン》はもちろん《隊長ZAGAAN》のパワーを持ってしても殴り返しで勝てず、フレーバーテキストと同じ状況となる。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-10EX
    戦国武闘会で一方的に勝つために、奴らが大挙してやってくる!!

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]


[1] 氏は《ザガーン》を主軸に据えた対戦動画を幾つか投稿している