パワーの最後の三桁が「500」 [編集]

文字通り、クリーチャーパワーの下三桁が「500」であること。

一般的にパワーは1000の倍数に設定されることが多いため、下三桁が「500」のクリーチャーは比較的珍しいものとは見なされていたが、こうしたパワーを持つクリーチャーをサポートするカードが登場してからはより差別化されるようになった。

予言者クルト C 光文明 (1)
クリーチャー:ライトブリンガー 500
幸運の精霊ファイブスター R 光文明 (5)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 5500
W・シールド・プラス―自分の他の、パワーの最後の三桁が「500」のクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から2枚まで、裏向きのまま、自分のシールドいずれか1枚の下に加えてもよい。

上述の通り、DM-01以来長らくデュエル・マスターズにおけるクリーチャーパワーは原則1000の倍数に設定されており、結果的にバトルなどにおいては千の位以上だけを見てパワーの優劣が判断できた。
しかし文明だけは例外で、パワーが500区切りのクリーチャーが黎明期から登場していた[1]

パワーがわずかに500高いだけでもさまざまな恩恵があり、バトルにおいて優位に立てるのはもちろん、火力やパワー低下による除去その他あらゆるパワー指定の妨害を回避する事もできるようになるのである。
また【マリエルエンフォーサー】に対する2500、《超竜サンバースト・NEX》に対する11500、はそれぞれ効果の隙をつけるパワーとなっている。
また、コスト論上はパワー0になってしまうようなクリーチャーも、文明ではこの500によって存在できていたりもする。

さらに、覚醒編パワーの下三桁が500のクリーチャーを参照するカードが登場。
数は少ないものの、パワー500持ちでデッキを固める意義が生まれた。

パワーの最後の三桁が「500」のクリーチャーを参照するカード [編集]

参考 [編集]


[1] 現在では禁断クリーチャーをはじめとして、少数ながら他文明にもパワーが1000の倍数でないクリーチャーが複数存在している