《ゴリオ・ブゴリ <バイラス・ゲイル.Star(スター)>》 [編集]

ゴリオ・ブゴリ <バイラス・ゲイル.Star> VR 光/自然文明 (4)
スター進化クリーチャー:ビーストフォーク/アース・ドラゴン/レクスターズ 6000+
スター進化:レクスターズ、光のクリーチャー、または自然のクリーチャー1体の上に置く。(このクリーチャーが離れる時、かわりに一番上のカードが離れる)
マッハファイター(このクリーチャーは、出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)
W・ブレイカー
自分のクリーチャーがバトルする時、そのバトル中、そのクリーチャーのパワーを2倍にする。

DMRP-19で登場した/自然ビーストフォーク/アース・ドラゴン/レクスターズスター進化クリーチャー

自軍のクリーチャーバトル中、そのクリーチャーパワーを2倍にする効果を持った4コスト6000マッハファイター

真っ先に考えられるのは《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》との相性の良さ。クリーチャーの展開に長け、自軍全体にブロッカーを付与するあちらと自軍全体のバトル中パワーを2倍にするこちらの相性は非常に良く、進化元もレクスターズで共有できるとあらゆる部分が噛み合っている。

効果バトルによる除去も強力なものとなる。《“乱振”舞神 G・W・D》などのウィニー除去クリーチャーがたちまち場を一掃できる脅威となる。

バトルに勝つとアンタップするシンカパワーを持つ《王来英雄 モモキングRX》とも相性が良いが、この運用だと《ボルシャック・ドギラゴン》がライバルとなる。
こちらはS・トリガーを踏む可能性のあるシールドブレイクを挟むことなく相手のクリーチャーを破壊することが出来るが、《ボルシャック・ドギラゴン》のように単騎でリーサルを狙うという芸当はできない。

ちなみに同コストパンプアップ手段には《業火の禁断エリア》が存在するが、文明も違えばカードタイプすら異なるので入るデッキは全く違ってくる。一応無理やり比較するなら、パワー10000以下のクリーチャーパンプアップの割合だけならあちらの方が上回るが、こちらは疑似的な耐性を持ったクリーチャーという点で勝る。

  • 前のターンからいたクリーチャーから進化しても、マッハファイターが無効になることはない。進化元のターンが経過した情報までは引き継ぎが行われない点には注意。

サイクル [編集]

DMRP-19の元鬼札覇王連合キングマスターレクスターズサイクルDM-08の進化ドラゴンからレクスターズの力を授かった。

収録セット [編集]

参考 [編集]