ボルケーノ・ドラゴン [編集]

文明の有するドラゴン種族のひとつ。

背景ストーリーにて古代のドラゴンを復活させることに成功したDM-08「闘魂編 第3弾 超神龍の復活」で登場した。

直訳すると、火山の龍。火山や溶岩から誕生しているデザイン。基本的には細長い中華型の形状である。
アーマード・ドラゴン(=直訳で、武装した龍)ではないため火器の武装をしているものはほとんど存在しない(というより後述の《ミラフォース・ドラゴン》しかいない)。

命名のルールは「紅神龍〜」。多種族においては「旋竜」を冠詞とする。

紅神龍ジャガルザー VR 火文明 (6)
クリーチャー:ボルケーノ・ドラゴン 6000
W・ブレイカー
ターボラッシュ
TR−自分のクリーチャーはすべて「スピードアタッカー」を得る。
紅神龍バルガゲイザー SR 火文明 (6)
クリーチャー:ボルケーノ・ドラゴン 5000+
このクリーチャーが攻撃するとき、自分の山札の上から1枚目を表向きにしてもよい。そのカードがドラゴンであればバトルゾーンに出し、ドラゴンでなければ自分の墓地に置く。
パワーアタッカー+1000

アーマード・ドラゴンの後釜になるドラゴンという位置づけだが、そちらに比べると全体の数は極端に少なく、影が薄い。
そもそも、初登場のDM-08ですら《ブルーザー・ドラゴン》《超竜バジュラ》という「アーマード・ドラゴン」が登場しているため、アーマード・ドラゴンに代わる火のドラゴンを出す必要があったのかは疑わしい。

ただ、強力なターボラッシュを持つ《紅神龍ジャガルザー》と、かつて【連ドラ】の主力を務めた《紅神龍バルガゲイザー》の2体が存在しており、マイナー種族にありがちな「収録面だけではなく戦闘面でも不遇」ということはなかった。

  • カード名の「紅神龍」の読みがアポロニア・ドラゴンの「光神龍」と同じ「こうしんりゅう」なので少し紛らわしい。

ボルケーノ・ドラゴンに関係する能力を持つクリーチャー [編集]

参考 [編集]