進化(しんか)クロスギア [編集]

クロスギアの上に重ねて場に出すカードの種類。DM-17での登場以降姿を見せなかったが、DMC-45で再登場した。
《グランドクロス・カタストロフィー》《ツナミ・カタストロフィー》などが有名。

ツナミ・カタストロフィー VR 水/闇文明 (4)
進化クロスギア
進化−自分の水または闇のクロスギア1枚の上に置く。
これをクロスしたクリーチャーのパワーは+2000される。
これをクロスしたクリーチャーが攻撃する時、カードを2枚まで引く。その後、相手は自分自身の手札を2枚選び、捨てる。

現在、進化クロスギアはすべてレインボーカードで、DM-17収録のカードは全て進化元がそれぞれの進化クロスギアが持つ文明のクロスギアである。

2枚のカードが消費されるため、通常のクロスギアより強力な能力を持つが、破壊されたときのディスアドバンテージは大きい。しかし、クロスギアを対象とした除去は環境では使われない上、単体を相手にしたカード指定除去を受けても進化元は残る。

  • 下にあるクロスギアの能力はすべて失われる。クロスするときには上にある進化クロスギアの方のコストを支払い、下にあるカードのコストを足す必要はない。
  • クリーチャーにクロスしてあるクロスギアから進化させるときは、そのクリーチャーにクロスされた状態でバトルゾーンに出る。
  • 進化元がパンプアップさせるクロスギアの場合、進化させることで逆にクロス先のパワー低下を引き起こすことがある。プレイングには注意。

背景ストーリーでの活躍 [編集]

謎の大爆発により発生した五大文明の大戦。光と闇の激突。サバイバーの侵攻。古の龍の復活。融合文明と単色文明の対立。仙界から復活した王の圧政。そして、存在しない「第六の王」の奇跡から200年。

古来の英雄が転生する中、戦士たちは魔導具クロスギアへの畏敬を忘れ、その性能はとどまることを知らずに発展し続けた。

そしてその果てに、クロスギアから進化する五つのクロスギアが創り出された。

しかしあまりに強力すぎた力はとても制御できるものではなく、これらの暴走によって大地が焼け海は荒れた。

遂には暴走を続けるクロスギアが衝突。その膨大なエネルギーによって時空の裂け目『ユニバース』が出現。

あらゆるものをブラックホールのように飲み込むユニバースによって世界は『フィオナの涙』や『アカシック7』など僅かな名残を残して消滅。

かろうじて生き残った者たちは僅かな希望に縋って禁忌とされた東方血土への移住を決断。

クロスギアは再び恐怖の対象となり自然と忘れ去られ、戦国の世が訪れるまで忘却の彼方へ封印されることとなった。

それから一万年の時が過ぎ、ユニバースからの侵略者『フェニックス』が現れ、次世代の戦争が始まることとなる。

  • 過去年次の背景ストーリーを大々的にフィーチャーした王来篇でも進化クロスギアが言及された。
    《禁時混成王 ドキンダンテXXII》の目覚め[1]に先駆けて連発した12個の歴史改変(およびその結果としての王来篇時点での現在世界の変化)のひとつとして、進化クロスギア暴走の発生およびそれによる現在世界への影響[2]が描かれた。
    • ここで発生した12個の歴史改変[3]はいずれも、過去に発生したイベントのうち、世界崩壊を招くおそれがあったものの、英雄たちの活躍により実際に世界が滅ぶような事態には至らなかった事象を引き起こす[4]というもの。
      なおここでいう「過去」という単語が、王来篇の舞台である所謂「DS世界[5]」だけについての「過去」なのか、それとも「エピソード世界」など他の世界線も含めての「過去」なのか不明。そのため「DS世界」の過去においてクロスギアやそれにまつわる物語が展開されたかどうかは依然わからないままとなっている。

進化クロスギア一覧 [編集]

背景ストーリーのラスボス [編集]

参考 [編集]


[1] 《巧みなアリスティー》のフレーバーテキスト参照。
[2] 《海郷 エマジェン-1》のフレーバーテキスト参照。
[3] [他の改変内容については石柱および同ページにリンクされているカードを参照。
[4] 《黒神龍クランキーヴィーン》のフレーバーテキスト参照。
[5] ドラゴン・サーガ背景ストーリーから続く世界線。所謂「エピソード世界(基本セット背景ストーリーからエピソード3背景ストーリーまでに描かれた世界)とは世界線を異にする。