《クイック・ディフェンス》 [編集]

クイック・ディフェンス UC 光文明 (2)
クロスギア
S・トリガーX
クロスギア
これをクロスしたクリーチャーは「ブロッカー」を得る。
これをクロスしたクリーチャーが破壊された時、自分のクリーチャー1体に、コストを支払わずにこれをクロスしてもよい。

DM-15で登場したクロスギア

S・トリガーXを持ち、クロス先にブロッカーを付与する。またクロス先が破壊されても、別クリーチャーにすぐ取り付けられる。

危機的状況に対応でき、数の続く限りいつまでもブロックすることが可能。だがそのような用途であれば僅かながらパンプアップもついてくる《セイント・キャッスル》が存在する。
一度にブロッカーになるのはクロスされている1体だけなので《熱血龍 GENJI・XXX》などのブロッカー指定の全体除去に対して被害を最小限に抑えられるのが最大の差別化点であり、採用するならそれらのカードを特に意識しての投入になるだろう。

《マキシマム・ディフェンス》と違いパワーが上がらず使いにくいため、使われることは少ない。パワーが上がらない事を逆手に取って、S・トリガー獣などのパワーの低めなクリーチャーを大量展開し、そこに《ライト・ディフェンス》等を用いて隙を埋めながらシールドを割っていくという事も出来る。

収録セット [編集]

参考 [編集]