パワー高低判断基準表(デュエル・マスターズ プレイス [編集]

パワーにおける、利点や破壊のされやすさ、よく使われるクリーチャー等をまとめた表です。
環境カードプールによって変わるので、あくまで参考程度に。
また、パワーについての詳しい事項はパワーの項を参照してください。

パワー説明
0000+パワーが0以下だと破壊される。ただし、《黒神龍イゾリストヴァル》《紅神龍オグリストヴァル》等は、基礎パワー0の状態から、何らかの条件によってパワーが加算されるため、条件次第ではあらゆるクリーチャーを薙ぎ倒す巨大さになるものもある。もちろん、加算条件を満たせない場合はパワー0となり、出た瞬間強制的に破壊される。シールドのブレイク数がパワーによって変動したり、パワード・ブレイカーを持つクリーチャーが多い。
1000《青銅の鎧》《コッコ・ルピア》など、序盤の基礎的なクリーチャーや低コストシステムクリーチャーはこのパワー。優秀な能力を持つものが多いが、バトルにはまず負け、《マグマティラノス》でまとめて破壊されてしまう。
1500《牽制の使徒カルエス》《予言者ラメール》などが持つ。《マグマティラノス》などによってギリギリ破壊されない点が強み。
2000《アクア・ハルカス》《アクアン》多色cipサイクルなどパワー1000と同じく序盤の基礎的なクリーチャーや低コストシステムクリーチャーはこのパワーS・トリガー《アクア・サーファー》もこのパワー。バトルではパワー1000には勝てるものの、基本的にはバトルには向かない。《クリムゾン・チャージャー》でマナを増やすを出すついでに除去されることが多い。またここまでが《バースト・ショット》《ソーサーヘッド・シャーク》の対象となる。
2500《曙の守護者パラ・オーレシス》などのクリーチャーが存在するパワー域。パワー2000のクリーチャー及び2000までの火力パワー低下は非情に層が厚く、それらに負けないギリギリのパワー。
3000《マグマティラノス》《奇襲兵ブルレイザー》《アストラル・リーフ》など。そこそこバトルに勝てるようになってくるため、【速攻】ビートダウンでは心強いパワーパワー1000〜2000よりも全体火力に強くなるが、《傀儡将ボルギーズ》など3000以下を対象とする除去も存在するため、注意が必要である。ここまでが《灼熱波》《根絶のデクロワゾー》《炎槍と水剣の裁》の除去対象となる。また、《機動聖者ミールマキシマム》に一掃されることも。
3500《光器ペトローバ》《無頼聖者サンフィスト》など。特に《ペトローバ》は上述の3000以下を対象とする除去カードの影響を受けず、アンタッチャブルを持つことから除去できるカードが限定されている。
4000《光輪の精霊 ピカリエ》《傀儡将ボルギーズ》《黒神龍ゾルヴェール》などの軽量ドラゴン多数などが該当。ここまでが《トルネード・フレーム》《サウザンド・スピア》の除去対象となる。また、《光器ペトローバ》によってパンプアップされた種族のクリーチャーはこのパワーラインを上回る。
4500《雲海の守護者メッサ・バーナ》《神門の精霊エールフリート》など。
5000《ダイヤモンド・ブリザード》《クリスタル・パラディン》《守護聖天ラルバ・ギア》など。進化クリーチャーはこのパワー以上であることが多い。ここまでが《地獄スクラッパー》《マドウ・スクラム》の対象となる。
5500《聖天使グライス・メジキューラ》など。ここまでが《ガルクライフ・ドラゴン》[1]《血風聖霊ザーディア》の除去対象となり、《悪魔聖霊バルホルス》に完封される。
6000《神滅竜騎ガルザーク》《無双竜機ボルバルザーク》など中型クリーチャーがひしめく。ここまでが《悪魔神ロックデウス》《破壊と誕生の神殿》などの射程圏内。また、強化された《ヘリオス・ティガ・ドラゴン》の全体火力圏内でもある。これ以降基本的にはW・ブレイカーを持つので、アタッカーとしてのひとつの区切りとなる。
6500《悪魔聖霊アウゼス》
7000《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》《二角の超人》などが存在する。
7500《聖天使クラウゼ・バルキューラ》など。よって、ここまでが《クラウゼ・バルキューラ》によりタップキルされる数値。
8000《クリスタル・ランサー》《大勇者「ふたつ牙」》など。ここまでが《ダブルソード・レッド・ドラゴン》タップスキル除去対象、《バザガジール・ドラゴン》アンタップキラーで討ち取られるラインとなる。
8500《陽炎の守護者ブルー・メルキス》《守護聖天グレナ・ビューレ》《聖霊王エルフェウス》など。
9000《黒神龍ブライゼナーガ》《ダブルソード・レッド・ドラゴン》など。
9500《守護聖天ラディア・バーレ》など。
10000《大勇者「二角牙」》のみが該当する。
11000《魔翼虫ジェノサイド・ワーム》など。《超神龍アブゾ・ドルバ》の基本パワーだが、能力によってこのパワーであることは稀である。
11500《聖霊王アルカディアス》など。
12000《悪魔神バロム》《超神龍バイラス・テンペスト》など。基本的に戦闘破壊は困難なライン。また、これ以降は基本的にT・ブレイカーを持つ。
13000《超竜バジュラ》《クリスタル・ツヴァイランサー》など。ここまでが《龍炎鳳エターナル・フェニックス》の単体火力の射程圏内である。
14000《緑神龍アンリストヴァル》の最大パワー
15000《グラディアン・レッド・ドラゴン》、マナゾーンに4つの文明を持つ《剛撃聖霊エリクシア》など。
18000マナゾーンに5つの文明を持つ《剛撃聖霊エリクシア》のパワー。これ以降は基本的にQ・ブレイカーとなる。
20000《紅神龍オグリストヴァル》の最大パワー
20001以上《黒神龍イゾリストヴァル》《超神龍アブゾ・ドルバ》《無敵悪魔カースペイン》はこのパワー域に達することがある。

参考 [編集]


[1] 光のみ・理論上は5999まで