《コネチカット・ヤンキー》 [編集]

コネチカット・ヤンキー R 闇文明 (6)
クリーチャー:マフィ・ギャング 6000
W・ブレイカー
キズナ(このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のクリーチャー1体のKP能力を使う)
KP−コスト3以下の進化ではないクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。

DMRP-04裁で登場したマフィ・ギャング

コスト3以下の非進化クリーチャーを1体をリアニメイトできるキズナ能力を持つ。

他のキズナとの組み合わせを考えないのであれば、後に登場した《不敵怪人アンダケイン》下位互換
そのため、使うのであればキズナとの組み合わせは必須となる。

《青守銀 シャイン》などのコスト3以下のキズナ持ちをリアニメイトし、このクリーチャーのキズナ能力を使うことで、続けてコスト3以下のクリーチャーリアニメイトできる。
しかし、同コスト《凶鬼03号 ガシャゴズラ》ならキズナ持ち以外も一度に3体リアニメイトできる。
キズナとの組み合わせを考慮しても、あちらならリアニメイトしたクリーチャー自身のキズナ能力を使うことができるため、キズナとの相性はあちらの方がよいと言える。

  • 名前の元ネタはマーク・トウェインが1889年に発表した長編小説である、「アーサー王宮廷のコネチカット・ヤンキー」だろう。

収録セット [編集]

参考 [編集]