切札勝舞はマジック:ザ・ギャザリングを使いつづける 節を編集

コロコロアニキ2018年秋号より連載された漫画。作者はコーヘー氏で、Wizards of the Coast社が監修・協力として携わっている。
原作『デュエル・マスターズ』のスピンオフ作であり、勝舞編から派生したifストーリーを描いている。

当初の原作は『Magic:The Gathering』(以下MtG)を扱った漫画だったが、神殿編における白凰との最終戦からデュエル・マスターズ(以下DM)カードを使用した漫画へとシフトした。

しかし本作では、主人公の切札 勝舞がDMに転向せずにMtGを続ける事を選んでおり、原作とは異なる世界線のストーリーが展開されている。
その際に勝舞が発した台詞は「D・Mに手を出すのやめる!!カードゲームで死にたくないからな。」である。
往年のファンなら一度は考えたであろう内容に、台詞のインパクトも手伝って、連載発表から大きな反響を起こした。

原作は連載が進むにつれシリアスな漫画になっていったが、本作は純粋なギャグ漫画になっている。「生死を賭けた戦い」という要素を強めた、かつてのラスボスのザキラですら例外ではなく、「マジック:ザ・ギャザリング」を「マジンガー・ギャルソン」と言うボケをかましている。

DMというカードゲームの概念はたびたび出てくるが、勝舞がMtGをやり続けたことによって、ほとんど誰も遊ばなくなるほど廃れてしまっている。そのため、最初は原作通りDMを続けていた白凰も結局MtGに戻ってきており、ザキラもMtGで世界を征服することにしている。

ギャグ漫画ではあるものの、かつてのMtGの有名プレイヤーである、Wizards of the Coast社の社員の金子真実氏がアドバイザーに付いているため、デュエルの内容はしっかりしたものになっている。

カードプールは原作の時代のものではなく、本作の連載時点のものに刷新している。デュエル描写はわかりやすさを重視しており、複雑なコンボなどは省いているので、MtGのルールをほとんど知らない読者でも安心して楽しむことができる。

DMEX-08でMtGのコラボカードとして登場した《溶岩コイル》は、本作に対するコラボカードでもある。

参考 節を編集