原始(トライブ) トゥリオ》 [編集]

原始 トゥリオ UC 自然文明 (3)
クリーチャー:ビーストフォーク號/侵略者 3000
自分のターンの終わりに、バトルゾーンにあるクリーチャーが3体以下なら、カードを1枚引いてもよい。

DMR-19で登場したビーストフォーク號/侵略者
バトルゾーンクリーチャーの数が3体以下なら、ターン終了時にドローを行える。

効果の対象はこのクリーチャー自身と相手クリーチャーも含まれるため、このクリーチャーと他のクリーチャーの計3体以下がバトルゾーンにいる時にドローが行える。

序盤は相手を含めても場に出ているクリーチャーの総数は2体前後のはずなので、素早く出す事ができれば2枚前後はドローすることができるだろう。

効果を少しでも長く使いたいなら、少数の大型フィニッシャーを中心としたデッキや、強力な除去能力を持つクリーチャーと組み合わせて、相手の手数だけを積極的に減らしていくと良い。

  • 《S級原始 サンマッド》は味方ではあるが、それぞれの条件が満たされるのはバトルゾーンの味方クリーチャーが3体「だけ」の時である。
    • 悪く言えば両者の効果を同時に発動出来るタイミングは限られすぎで噛み合わない、良く言えば互いの弱点を補い合っているとも取れる。
    • このクリーチャーは《S級原始 サンマッド》の進化元として使えるので、効果を発揮し辛くなったら侵略させてしまおう。
  • 通常環境では「デュエル・マスターズグランプリ-6th」で【トゥリオドギラゴン剣】が登場して念願の環境入りを果たした。B・A・D自壊を行うプレイングがこのカードの能力が阻害される状況を防げる上に、【トゥリオドギラゴン剣】がウィニー系統に対してパワーラインの都合上いわゆる「刻む」プレイングに有利なので、デッキ全体がこのカードシナジーを形成している。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]