《「流水の大楯(イージス・オブ・ストリーム)」》 [編集]

「流水の大楯」 R 水文明 (4)
クリーチャー:サイバー・クラスター/チーム銀河 3000
<ギャラクシールド>[水(2)](このカードを使うコストの代わりに、[水(2)]を支払ってもよい。そうしたら、このカードを表向きにし、新しいシールドとしてシールドゾーンに置く)
自分のターンのはじめに、このクリーチャーが表向きで自分のシールドゾーンにあれば、コストを支払ったものとして召喚する。
ブロッカー
このクリーチャーが表向きでシールドゾーンに置かれた時、またはバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選ぶ。次の自分のターンのはじめまで、そのクリーチャーは攻撃もブロックもできない。

DMRP-13で登場したサイバー・クラスター/チーム銀河

要求コスト2のギャラクシールドギャラクシーGO、シールドゾーンに表向きに置かれるかcipで相手のクリーチャー1体にプリン効果を適用させる能力を持ったブロッカー

2コストギャラクシールドが使えるため、序盤の要になるだろう。
ギャラクシーGOが成功すればプリン効果を2連続使用して相手クリーチャーを妨害しつつブロッカーになるため、守りを固めるのに最適。
仮にブレイクされてしまっても、もう一度ギャラクシールドが使用できるため粘り強く活躍できる。

そのため、受け性能がかなり高く、ギャラクシールドに関するギミックがなくとも多くのデッキで速攻対策として使えるだろう。【白青ギャラクシールド】では4枚積みされることも珍しくない。
地味に攻撃可能なのもニクい。

さしずめ2コスト軽い《超次元ホワイトグリーン・ホール》であり、《超次元ホワイトグリーン・ホール》+《勝利のプリンプリン》が2コストで大体再現できると表現すればその凄さが分かるだろう。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]