《フェアリー・キャンドル》 [編集]

フェアリー・キャンドル C 水文明 (2)
クリーチャー:サイバー・ウイルス 1000
ブロッカー
このクリーチャーは攻撃することができない。
このクリーチャーがブロックしたとき、自分の山札の上から4枚を見る。その中から1枚選んで自分の手札に加え、他の3枚を好きな順で自分の山札の一番下に戻す。

DM-09で登場したサイバー・ウイルス

小型ブロッカーで、ブロックすることで誘発する手札補充能力を持つ。当然ながらサイバーの恩恵を受けることが出来る。

パワーが低いため、基本的にチャンプブロックになってしまうのだが、能力のおかげでチャンプブロックを仕掛けてもアドバンテージを失いにくい。
手札にこのクリーチャーから進化できる進化クリーチャーがある時以外は積極的にブロックしていけば、序盤の展開を有利に進めることが出来るだろう。
その状況で特に必要なカードを選んで手札に加えられる点も評価できる。
デッキに手札と耐久力が必要ならば、一度採用を検討してみる価値はあるだろう。

弱点は当然ながらそのパワーの低さ。特に召喚した次の相手のターン《ローズ・キャッスル》を出されると目も当てられないことに。相手が文明を使っているようなら、使いどころを考えるべきである。

よく似たカードに《コスモ・ポリタン》が存在する。そちらは種族スプラッシュ・クイーンであり、ブロック時の能力は単純にカードを1枚引くというもの。
こちらと比べると淡泊な効果だが、《フェアリー・キャンドル》にはめくったカードの中に必要なカードが複数あると、その中のどれかが山札の一番下に送られてしまうという欠点もある。そういう意味ではそちらの方が堅実であるといえるが、やはり4枚の内から選択できるアドバンテージの方が大きいだろう。種族に縛りがなければ《フェアリー・キャンドル》を選択した方がいい。
種族にこだわらないデッキなら、自分の好みにあったものを選ぼう。

  • DMPP-02ではレアに昇格。ブロックした時の能力が「カードを1枚引く」に変更され弱体化した。
    • DMPP-05では、コスト2で攻撃可能なサイバー・ウイルスである《バブル・ランプ》が登場した。《フェアリー・キャンドル》の「攻撃できない」能力はビートダウンには邪魔だったため、そちらにシェアを奪われる可能性もある。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-09DMPP-02
    姿形は小さいけれど、儲けはがっぽり狙うもの。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]