《スペル・セブ・パーロック》 [編集]

スペル・セブ・パーロック C 水文明 (5)
クリーチャー:サイバーロード/エイリアン 4000
スペース・チャージ:光
SC−このターン、次に自分が呪文を唱える時、その呪文を唱えるコストを最大2少なくしてもよい。ただし、コストは1より少なくならない。

DMR-01で登場したサイバーロード/エイリアン

またしても登場した《パーロック》の派生クリーチャーである。
次に自分が唱える呪文を2コスト軽減するスペース・チャージを持つ。

このクリーチャー能力を使えるころには大方6マナ以上溜まっているため、8マナ相当の重量呪文を唱えることが可能になる。狙い目としては《ラスト・バイオレンス》《獰猛なる大地》《クリスタル・フュージョン》辺りだろうか。

また、チャージャー《再誕の社》など、「光のカードをマナゾーンに置ける呪文」とも相性が良い。
それ自体のコストを下げつつ、連鎖的に次に唱える呪文コストも下げられるため、1ターンに大量の呪文を唱えることが出来る。
《氷牙レオポル・ディーネ公》と組み合わせてみるのも面白い。

しかし、単にコストを減らしたいだけであれば、軽く手間も掛からない《氷牙フランツI世》《王機聖者ミル・アーマ》などの方が優先される。
上記のような使い方など、差別化を図りたい。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]