《デッドヒート・メガマックス》 [編集]

デッドヒート・メガマックス R 火文明 (8)
呪文
コストを支払うかわりに、自分の火のクリーチャーを4体タップして、この呪文を唱えてもよい。
自分の山札の上から4枚を見る。その中から火のクリーチャーを1体、バトルゾーンに出してもよい。残りを好きな順序で自分の山札の一番下に置く。

DMRP-04魔で登場した呪文

バトルゾーンの火のクリーチャーを4体タップする代替コストを持ち、自分の山札の上から4枚を見て火のクリーチャー1体をコスト踏み倒しできる。

1ターン目からウィニーを並べていけば最速3ターン目にこのカードを使ってコスト踏み倒しを行えるが、タップコストとなるウィニーデッキに増やせば増やすほどこのカードでファッティを踏み倒す確率が下がるというジレンマを持つ。
ヘヴィ級の切り札を詰め込んだデッキなら手打ちがメインでも良いが、できればコストを踏み倒して唱えたいところ。
高速化した現在の環境を顧みるなら、遅くても5ターン目までには唱えられる様にすべき。

また、文明山札操作が苦手だが、そのためにを入れると成功率が下がってしまう。
多色にしてデッキスペースを増やそうにも、マナゾーンにカードがタップインされるデメリットも捨てきれない。早期に唱えることに専念するなら猶更。
タップしたクリーチャーは基本的にそのターン中は攻撃には参加できないので、1ショットキルにも向きにくい。

幸い、文明サイキック・クリーチャーに恵まれており、メインデッキ外からタップ元のクリーチャーを呼ぶ形にする事で山札のスペースが確保できる。《アパッチ・ヒャッホー》《超次元ボルシャック・ホール》を使えば2体、殿堂入りだが《カモン・ピッピー》を使えば3体のクリーチャーを一度に用意できる。
後により大量展開しやすいGRクリーチャーや、アンタップクリーチャーを生成できる《BAKUOOON・ミッツァイル》が登場したのも追い風となった。

タップされたクリーチャーを活かすコスト踏み倒しの対象としては、例えば《メガ・メイキング・ドラゴン》が挙がる。タップして用済みになったクリーチャー破壊してドラゴンに変えることができ、同時に山札から捲ったドラゴン以外のカードはすべて墓地に送られるため、シャッフルができれば2枚目のこのカードを打った時に強力なドラゴンがヒットする確率が上がる。
この点を利用したデッキでは【デッドヒート・メガメイキング】を参照。

決まれば強力だが、その分クセの強いカードである。
使いこなすなら、DMD-20の様な大型と小型が入り混じった赤単【準赤単】に入れて研究するべきだろう。

サイクル [編集]

代替コストとして、指定された文明のクリーチャーを4体タップして唱える事ができる呪文サイクルDMBD-04が登場し、後にDMRP-04裁自然が登場。DMRP-04魔では無色(ジョーカーズ)とが追加され、計7枚となった。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-04魔
    依然として縮み続ける火文明の世界に悩む者がいる一方、レースのタイムが縮まないことに悩む者もいる。

収録セット [編集]

参考 [編集]