《ユニバーサル・(さめ)・アンド・シー》 [編集]

ユニバーサル・鮫・アンド・シー UC 水文明 (2)
D2フィールド
自分のクリーチャーはブロックされない。
(他のD2フィールドがバトルゾーンに出た時、このD2フィールドを自分の墓地に置く)

DMR-21で登場したD2フィールド

わずか2コストで味方全員をブロックされないクリーチャーへと変える。
1ターンだけ同じ効果を与える《マリン・スクランブル》と比べると5コストも軽く、その代替カード達も色制限付きで4コストが関の山だった事を考えると、破格のコストである。

D2フィールドサーチ手段には乏しい代わりに、運が良ければ場に残り続ける点で呪文より優れている。同コストには《ワーニング・スパイク》があるが、同じ戦略では専らこちらが使われる事になるだろう。

また、能力だけでなく軽いD2フィールドである事も重要。

わずか2コストで相手のどんなD2フィールド除去でき、逆に相手がこのフィールド除去しようとすると大抵これよりもコストの高いカードが必要となる。
さらに同時収録のイニシャルズおよびマスター・イニシャルズとの相性も抜群。《ワルスラS》なら最速召喚が可能になり、《D2S 皇帝ワルスラ》と合わせれば味方全員が攻撃されない《変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード》、あるいは選ばれない《弾丸透魂スケルハンター》とも言うべき超除去耐性を得る。
このように《Dの悪意 ワルスラー研究所》に一歩も劣らないシナジーを発揮する。
後にコスト1のD2フィールドである《Dの揺籠 メリーボーイラウンド》が登場し、最軽量の座を追われてしまったものの、そちらは【ミルクボーイ】でしか採用・活躍が見込めないので、軽量D2フィールドとしての地位はほとんど揺らがないと見られる。

後に強力なメタD2フィールドである《希望のジョー星》が登場したため、マナの伸びにくいデッキではそちらを除去するのに採用するのも良いだろう。

サイクル [編集]

DMR-21アンコモンD2フィールドサイクル

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]