奇石(きせき) タトイズ》 [編集]

奇石 タトイズ UC 光文明 (5)
NEOクリーチャー:メタリカ 5000
NEO進化:自分の光のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時または攻撃する時、クリーチャーを1体選び、タップしてもよい。

DMRP-01で登場したメタリカ
NEOクリーチャーcipまたはアタックトリガークリーチャーを1体タップする能力を持つ。

このコスト帯のクリーチャーの場合、単にタップキルに使うだけでは力不足である。W・ブレイカーがあればNEO進化したターンにブロッカーを寝かせてビートダウンすることも視野に入れることができただけに、実際のカードデザインとしては控えめ過ぎたと言えよう。

  • 名前の由来は「ターコイズ(turquoise:トルコ石)」と「タートイズ(tortoise:カメ)」。

サイクル [編集]

DMRP-01アンコモン以下のNEOクリーチャーサイクル

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-01
    天空城は光文明の象徴。そこから溢れ出る魔力が付近の石を意志持つ奇石へと変える。だが、その中にも「NEO」の力を持つものが生まれつつあった。

収録セット [編集]

参考 [編集]