《「ライジンオー見参(けんざん)!」》 [編集]

「ライジンオー見参!」 P 光/水文明 (7)
クリーチャー:キカイヒーロー/グレートメカオー/チルドレン 9000
ブロッカー
W・ブレイカー
この会場に小学生が18人以上いれば、このクリーチャーはすべてのバトルに勝ち、バトルゾーンを離れない。

DMEX-08で登場した/キカイヒーロー/グレートメカオー/チルドレン

超天篇に出たカードとしては、パワーがやや控えめだが、会場に小学生が18人以上いればそれは気にならないだろう。《零龍》よろしく、すべてのバトルに勝つことができ、バトルゾーン離れないのであれば、パワーはほぼ飾りと化す。地味にブロッカーも厄介で、攻撃してきた相手クリーチャーを返り討ちにもできる。

ただ、条件を満たした状態でも、このクリーチャーをバトルゾーンに出すだけでは、そのターンに得られるアドバンテージはたかが知れており、戦局を大きく変えられるスペックとは言い難い。

問題の条件だが、条件を満たした上で使いたいのであれば、身分確認が義務付けられるチャンピオンシップなどで使うのが前提となるだろう。大会出席者の内の小学生の人数を機械的に参照するのが現実的なカウント方法になるか。

  • 小学生を対象とした大会なら、ある程度小さな大会でも条件はクリアできるが、対象でない中学生以上には関係のない話である。
  • 元ネタは91年に放映されたTVアニメ『絶対無敵ライジンオー』。同アニメの第1話のサブタイトルがカード名になっている。能力は陽昇学園の5年3組のクラスメイト18人が協力してロボットを操るという設定から。フレーバーテキストは次回予告の決め台詞である「授業中でも出動OK!」からだろう。合併前のトミーがタイアップのロボット玩具を発売していた。
  • イラストは薮本陽輔が担当。「学生の時に見た衝撃は今でも忘れません」と語っている。
  • イラストは全3種(収録番号305〜307)。番号の小さい順に線画、下塗り、完成イラストとなっている。なお、フレーバーテキストは共通となっている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《漆黒の四男 一松》《「ライジンオー見参!」》のテキストにある「会場」とは何ですか?
A.対戦を行っている場所のことです。ある建物の一室で大会が行われている場合、その一室のみを「会場」とみなします。
引用元