《スクラッパー・ドラゴン》 [編集]

スクラッパー・ドラゴン R 火文明 (6)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 6000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手とガチンコ・ジャッジする。自分が勝ったら、相手のクリーチャーをパワーの合計が5000以下になるように好きな数選び、破壊する。
W・ブレイカー

DMR-06で登場したアーマード・ドラゴン

cipガチンコ・ジャッジを行い、勝てば5000の割り振り火力を放つ。

名前の通り、《地獄スクラッパー》《スーパー炎獄スクラッパー》を元とした能力を持つ。
ガチンコ・ジャッジなので少々不安定だが、【連ドラ】なら必然的にデッキ内のコストが上がるため、そこまで気にならないか。

コスト《ボルシャック・スーパーヒーロー》が大きなライバル。
あちらは確実に能力を使え、サイキック・クリーチャーに対するメタにもなる点で優れるが、味方(特にファイアー・バード)を巻き込み、パワー3500〜5000のクリーチャーに対処できない点で劣る。
普通は安定性のあるあちらが優先されるので、ファイアー・バードをうまく使うなどして差別化したい。

その後DMR-17にて火力が1000高くS・トリガー付きで発動条件もない《破壊者 シュトルム》が登場。汎用性ではあちらに軍配が上がり、大きく差を着けられる形となった。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]