誕生の祈(バース・アイ) [編集]

誕生の祈 C 自然文明 (3)
クリーチャー:ビーストフォーク 2000
このクリーチャーが相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかった時、自分の山札を見る。その中からクリーチャーを1体選び、相手に見せてから自分の手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。

DM-09で登場したビーストフォーク

相手プレイヤーを攻撃してブロックされなければ山札からクリーチャーを1体サーチできる。
能力自体は便利であり、ビートダウンにおいて不足しがちな手札補充を行ってくれる。

しかし、ブロックされれば役に立たないため、確実性に欠ける。
1度発動するだけなら同じコストで即座に使える《ディメンジョン・ゲート》が存在するため、有効活用するならスピードアタッカー化させたり、サーチを2回以上成功させたいところ。
しかし、この手のサイクルの宿命としてブロック除去に非常に弱い。前者は次のターンに4マナを使って《インビジブル・スーツ》をクロスしたりできるのでそこまで苦ではないが、問題は後者で《一角魚》《ドンドン吸い込むナウ》コスト4なので返しのターンに即使われる危険性が高く、火力に焼かれやすいパワーであるのも難点。除去能力を内蔵したクリーチャーをサーチすれば、次の相手プレイヤーへの攻撃も成功しやすくなるが、最初の一撃を成功させるためのハードルが非常に高く本末転倒と言わざるを得ない。

同じ召喚コストサーチできるカードの種類を問わないかつ攻撃するだけで条件をクリアできる《水晶の記録 ゼノシャーク/クリスタル・メモリー》が登場したのも向い風。

他にサーチ能力を持つクリーチャーではタップ能力《魅了妖精チャミリア》cip能力《鳴動するギガ・ホーン》など対抗馬も多い。
それらと違うところは種族が優秀な事やコストが低くいち早く出せる点にあるので、此方はビートダウン系で、其方はコントロール系と使い分けるのがいいだろう。

環境での活躍 [編集]

登場から程無くして【ボルバルステロイド】で偶に使われるようになったが、《無双竜機ボルバルザーク》殿堂入りに指定されると居場所を失った。

DM-29で登場したシノビとは抜群の相性を誇る。
《誕生の祈》を使うときの注意点であるブロック殴り返しを対処でき、それらをサーチできる。ビートダウンタイプのシノビデッキでは大活躍する1枚。

後にDMRP-06発売直前になると、周辺パーツの殿堂入りがあまりにも増えた【ドギラゴン剣】におけるサーチ戦術の担い手となり、そのまま【誕生ドギラゴン剣】の主要パーツとして名前を上げるに至った。

過去の活躍を見る当たり、自身による早い段階でのサーチと、サーチ対象のコスト踏み倒し能力、デッキでのビートダウン性が噛み合った時に力を見せるカードと言える。

その他 [編集]

  • コスト3なので《S級原始 サンマッド》の侵略元にはなる。だがこのカードの効果でサーチした《サンマッド》に侵略するにはこのカードを場に出してから2ターンのタイムラグを要する。
    • ブロックされなかった時にサーチがトリガーするので《獣軍隊 サイノス》などに侵略しながらサーチすることも不可能。

サイクル [編集]

DM-09の相手プレイヤー攻撃してブロックされなかった時に能力を使えるコモンクリーチャー

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-09DMC-34DMPP-02
    「死ごときで、我らの鼓動を止められるものか!」――誕生の祈
  • DMC-39
    おらおら進め! 破壊の狼煙が援軍を呼ぶと心得よ!――誕生の祈
  • DMX-09
    いいのかね?わたしを止めないと、戦況は悪化する一方だぞっ!!――誕生の祈

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]