《お宝猫(たからねこ)ニャンジロー》 [編集]

お宝猫ニャンジロー C 自然文明 (3)
クリーチャー:ドリームメイト 3000

DM-34で登場した自然ドリームメイト

見ての通りの淡白なバニラである。

凡庸なスペックゆえ、入るデッキは限られてくる。
同じドリームメイトには《花風の浪士ムネミツ》《まどろみのレッサーくん》などの上位互換が存在するのも向かい風。

DMR-07でバニラサポートが登場した事で、【バニラビート】に入れるという使い道が生まれた。しかし、DMR-07時点ですでに同コスト《霊騎デュナス》というパワー4000のバニラが存在。のちには同じくドリームメイトを持つ《夜更かしメイ様》《密林の冒険家キリン・トウェイン》も3コストパワー4000バニラとして登場したため、逆風は強くなる一方である。

後述するように、フレーバーテキストこそがこのカードの本質。その点で関連性の深い《パーロック》シリーズで固めた【バニラビート】なら、数枚挿してみるのも一興だろう。

  • 見ての通り、モチーフとなったのは招き猫。
    • 漫画・アニメ版『デュエル・マスターズ』の世界では、招き猫と同じご利益があるのか、『VS』にて滝川 るるの祖父が経営するカードショップ「カードショップ滝川」店内に置物が飾られている他、るるのスマートフォンの待ち受け画面にも用いられている。ちなみに、前述の置物は、第4話にてコジローがアルバイトで運んできたものらしい。

関連カード [編集]

相互互換 [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-34
    伝説の秘法が眠る宝物庫に辿り着いたパーロック。「ついにお宝を発見したぞ!」うれしさのあまり思わずそう叫んだ瞬間、天井から巨大な猫が落ちてきてお宝を踏みつぶしてしまった。
    パーロック「お、俺様のお宝が...」
    ニャンジロー「すいません、いきなり大声出すもんだから、ついキャットなっちゃいまして...」
  • DMX-12
    〜失われた超次元!悲しみのレディ・パーロック!〜
    レディ・パーロックを置いて、新たな旅へ出たパーロック。「世界一のお宝を!」その初心を取り戻すべく、始まりの地、ニャンジローの待つ宝物庫へと足を運んだ。「あのころ、俺は、まだ若かった」とつぶやき、そして、まだ自分が若造であることを思い出してニヒルに笑う。そういえば、自分と同じように、パンドラ・スペース壊滅から逃れたエイリアンたちがいたことを思い出し、ふと、顔を見に行ってみようなんてことを考えた。
    1.《ガガ・ピカリャン》に会いに行く。
    2.《自爆屋ギル・メイワク》に会いに行く。
    3.《福腹人形コダマンマ》に会いに行く。
  • DMPP-05
    伝説の秘宝が眠る聖域に辿り着いたパーロック。「ついにお宝を発見したぞ!」うれしさのあまり思わずそう叫んだ瞬間、天井から巨大な猫が落ちてきてお宝を踏みつぶしてしまった。「お、俺様のお宝が...」「すいません、いきなり大声出すもんだから、ついキャットなっちゃいまして...」

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]