《アクア・PTA(ピーティーエー) [編集]

アクア・PTA R 水文明 (5)
クリーチャー:リキッド・ピープル 5000
このクリーチャーが攻撃する時、自分が負けるか中止するまで、相手とガチンコ・ジャッジする。その後、こうして自分が勝った数、カードを1枚引いてもよい。

DMR-08で登場したリキッド・ピープル

アタックトリガーにより、自分が負けるまでガチンコ・ジャッジを行い、勝った数だけドローができる。

5マナ5000のバニラ手札補充が付いてくるかもしれないと考えればそこまで弱くはない。
コストが5以上のバニラは【バニラビート】でもあまり使われない。従って、少なくとも同コストのバニラとの差別化を考える必要は無い。

理屈上はいくらでもドローができるのだが、そうそう何度もガチンコ・ジャッジに勝ち続けることは難しい。ある程度のパワーがあるので、やはり複数回のドローを狙いに行きたいところ。即効性のある《トリプル・ブレイン》《アクア・ジェット》などが比較対照か。

最大の難点は、あまりに能力の起動が遅いことである。
【リキッド・ピープル】では、4〜5マナ使える頃には進化クリーチャーコスト踏み倒しドラグナーなど強力かつ即効性があるカードがひしめいている。
このカードを採用するスペースがほとんど無い。
バトルゾーンに出してもすぐに仕事ができるわけではない。召喚酔いの間に除去されてしまうことが大いに考えられる。
このクリーチャー単体でコスト軽減S・トリガーによる早期の登場が狙えるわけでもなく、《華麗の超人》のように破壊置換効果pigがある訳でもないのでやや腐りやすい。

総じて採用率が高いとは言えない。

  • カード名の「PTA」とは、エピソード2のリキッド・ピープルがアカデミーに所属していることから、「Parent-Teacher Association(保護者と教育者の共同体)」のことであろう。

サイクル [編集]

DMR-08の自分が負けるか中止するまでガチンコ・ジャッジを行うカード

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]