《ガード・グリップ》 [編集]

ガード・グリップ C 水文明 (1)
呪文
カードを1枚引く。

DM-36で登場した呪文

カードを1枚引く」という実に単純明快な効果を持つ、《エナジー・ライト》下位種

手札の枚数は変わらないため、デッキスペースが無い場合は採用価値はかなり低い。
純粋に手札を増やしたい場合は《エナジー・ライト》などが優先される。

デッキスペースがある場合は、他にすることのない1ターン目に唱えるとそれだけで山札圧縮になる。
このカードを4枚投入すれば実質デッキの枚数が36となり、引きたいカードが手札にくる確率も上がるだろう。

ハンドアドバンテージを失わずに使用できる軽量呪文であるため、《氷牙レオポル・ディーネ公》《爆獣マチュー・スチュアート》などの呪文に反応するカードと組み合わせれば1コストで利得を得ることができる。
また、簡単に墓地に呪文を貯められるため、【フェルナンドVII世】にも投入を検討できる。

《天雷王機ジョバンニX世》回収できるため、専用のナイトデッキを組んで見ても面白いだろう。
もちろんマナコストは払う必要があるのだが、そこは余ったマナでやりくりしよう。マナカーブを考えず唱えると1マナ損してしまう。

いずれにせよこのカードはコンボを意識して使ったほうが輝ける。

  • 余談だが、名前はガード・「グリップ」であり、「クリップ」ではない。意外と間違えやすいので気を付けよう。

サイクル [編集]

DM-36で登場したコモンの1コスト呪文サイクル
イラストに描かれているのは過去に登場した1コストクリーチャー

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]