《ブラッキング・ザ・ジョニー》 [編集]

ブラッキング・ザ・ジョニー LEG 無色[ジョーカーズ] (8)
クリーチャー:ジョーカーズ 5000+
マスター・ブレイカー(このクリーチャーがバトルゾーンに出たターン、各ブレイクの前に、相手のクリーチャーを1体破壊する)
このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターン、相手プレイヤーを攻撃できる。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を表向きにする。こうして表向きにした無色クリーチャー1体につき、このターン、このクリーチャーはパワー+5000され、シールドをさらに1つブレイクする。表向きにしたカードはすべて、好きな順序で自分の山札の一番上または下に置く。

DMEX-06で登場したジョーカーズ

逆フュリー・チャージ他、さらにcip山札の上から3枚の中にある無色クリーチャー1体につき、5000パンプアップと1枚追加ブレイクを得る。さらにマスター・ブレイカーが付いているので各ブレイクの前に1体確定除去できる。

《ジョリー・ザ・ジョニー》または《ジョニー・ザ・ビギニング》《破界秘伝ナッシング・ゼロ》の組み合わせを1体である程度再現したかのようなクリーチャー。表向きにした3枚がすべて無色クリーチャーなら4枚ブレイクと4体確定除去を放てる。
だが、こちらはコスト《ジョリー・ザ・ジョニー》より1重く、単体で使用するに見合ったスペックとは言い難い。しかも、《ナッシング・ゼロ》の効果と違って、クリーチャーでないカードは追加ブレイクの条件の対象外。【ジョーカーズ】の基盤である《ジョジョジョ・ジョーカーズ》ですら、事故要因になるのは痛く、デッキの構築は限られる。

さらなる問題として、どの能力も出したターンにしか発揮されず、そのターンが終わればパワー5000のただのバニラと化すため、出したターンにマスター・ブレイカーを決めに行きたいところだが、《ジョリー・ザ・ジョニー》のように自力でアンブロッカブルにならないという難点がある。そのため、1ショットキルを狙う場合は、先にブロッカーを除去したいところだが、このクリーチャーはブロックされずにシールドに攻撃が通ってから除去を行うため、能力がかみ合わせが悪い。

そもそもこのカードの登場時点で、【ジョーカーズ】自然ジョーカーズで組まれるようになったため、なおさら立場がない。

《ジョット・ガン・ジョラゴン》ジョラゴン・ビッグ1で使うことで、コストの高さはある程度カバーできるが、ブレイク数を増やすならすでに《アイアン・マンハッタン》という《ジョラゴン》の最高のパートナーが存在するため、こちらでの採用も難しい。

現時点では、環境での活躍は難しいと言わざるを得ないが、ジョーカーズとのシナジーが求められているスペックではないため、今後カードプールの増加によって、無色のフルクリーチャーデッキが構築されて、このクリーチャーに日が当たる時が来るかもしれない。
無色デッキの要の《戦慄のプレリュード》のツインパクト版である、《透明妖精リリン/妖精のプレリュード》の登場により、無色のフルクリーチャーデッキ自体は難しくなくなってきている。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]