偽りの名(コードネーム) バザガジー・ラゴン》 [編集]

偽りの名 バザガジー・ラゴン VR 火文明 (7)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン/アンノウン 8000
スピードアタッカー
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、そのターン、このクリーチャーはタップされていないクリーチャーを攻撃できる。
このクリーチャーがバトルに勝った時、そのターン、バトルゾーンにある自分のクリーチャーすべてはタップされていないクリーチャーを攻撃できる。
W・ブレイカー

DMR-05で登場したアーマード・ドラゴン/アンノウン

自身を1ターンアンタップキラーにするcip能力と、バトルに勝った際に1ターン自分のクリーチャーすべてをアンタップキラーにする能力を持ったスピードアタッカー

出したターン中はアンタップキラーになるスピードアタッカーということで、除去カードのように使用可能。いきなり出てきて相手の大型をバトル破壊できる。似たような役割の《勝利のガイアール・カイザー》と比べると、マナコスト相応にパワーが高いので7500台まで処理できる。

更に、このクリーチャーバトルに勝てば、味方も全員アンタップキラーになる。ある程度の味方が並んでいれば、このクリーチャーを起点に、一気にバトルゾーン制圧することが可能。アンタップ状態で安心している相手の場を壊滅させることができる。

《時空の火焔ボルシャック・ドラゴン》《紅蓮の怒 鬼流院 刃》【GF隊】などのバトルに勝った時に発動する能力とも相性が良い。《爆竜勝利 バトライオウ》手札からコスト踏み倒しすることもできる。

自身がアンタップキラーになるのは出たターンのみだが、味方をアンタップキラーにする能力は次のターン以降も有効。そのため相手のパワー8000未満のクリーチャーの攻撃を躊躇わせることができ、またチャンプブロックに対する耐性も高い。

数あるドラゴンの中でも制圧力はかなりのものである。7マナ8000のW・ブレイカースピードアタッカーと素のスペックも優秀なので、多くのデッキで採用を見込めるだろう。

  • 相性が良いのは《祭喰の超人》だろう。早期設置に一役買ってくれるだけでなく、高パワーの打点を得るため、制圧にも詰めにも有用なコンボとなる。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]