聖帝(せいてい)ソルダリオス》 [編集]

聖帝ソルダリオス VR 自然文明 (6)
進化クリーチャー:アーク・セラフィム 6000
進化−自分のアーク・セラフィム1体の上に置く。
メテオバーン−自分のクリーチャーが攻撃できる時、このクリーチャーの下にあるカードを1枚選び墓地に置いてもよい。そうした場合、進化クリーチャーではないアーク・セラフィムまたはビーストフォーク1体を、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出す。
W・ブレイカー

DMC-29で登場した自然進化アーク・セラフィム

メテオバーンアーク・セラフィムビーストフォークを1体、マナゾーンからコスト踏み倒しバトルゾーンに出せる。

進化クリーチャーとしてはパワーが低めだが、臨機応変に使える能力が非常に便利。
呼び出せるアーク・セラフィムビーストフォークには強力な能力持ちが揃っており、状況を変えるには十分。
両者はマナゾーンの扱いに長けた種族でもある為、銀の弾丸戦法も行いやすい。

メテオバーン「自分のクリーチャー攻撃できる時」なので、例えば《予言者マリエル》などによってこのクリーチャー攻撃できなくても、バトルゾーンに自分の攻撃できるクリーチャーが1体でもいればメテオバーンを起動できる。

また、メテオバーンだけ使って攻撃はしない、ということも可能。
これにより、攻撃時にコスト踏み倒しすると能力が不発になってしまうアバレチェーン持ちのビーストフォークとも高相性。攻撃前にコスト踏み倒ししておけばせっかくの効果を損なう事がない。

当然ながら、このメテオバーンは下にカードがある限り同じターン中に連続使用が可能。
マナゾーンアーク・セラフィムを用意しつつメテオバーンの弾も用意できる《時空の庭園》とはシナジーを形成する。
同様に、このクリーチャーサーチする《クレスト・EVOチャージャー》もメテオバーン補填効果を持つので高相性。

エピソード3に入ってからは他の種族とともにアーク・セラフィムがプッシュされ、ドラゴン・サーガでは新たにビーストフォーク號が登場しており、このカードが注目される日もそう遠くはないだろう。【ラグマループ】のみならず、新たな形の【緑単ループ】として活躍できるかもしれない。

ただし、このカード絶版になって久しい。
不死鳥編期のハーフデッキに1枚しか収録されていないため、今から入手するには相当骨が折れるに違いない。

相性の良いカード [編集]

アーク・セラフィム

《霊騎ラーゼ・ミケランジェ》スリリング・スリーで手札から展開
《霊騎コルテオ》cipで大量タップ
《光霊姫アレフティナ》緊急時のシールド補填要員、およびシールド10枚でエクストラウィン

ビーストフォーク

《強襲の長》アーク・セラフィムとビーストフォークを一斉W・ブレイカー化させる
《龍覇 マリニャン》
《龍覇 サソリス》
《龍覇少女隊ハラグロX》
《龍覇 イメン=ブーゴ》
《恐・龍覇 サソリスレイジ》
《武器阿修羅の大猿》自分のクリーチャーをバトルゾーンに出す度手札補充。大型ガードマンとしても
《月の死神ベル・ヘル・デ・スカル》墓地・マナゾーンからカードを1枚回収
《特攻隊長 鬼流院 刃》マッハファイター。バトルに勝つとマナ加速とマナ回収。
相手がバトルゾーンに出るとガチンコ・ジャッジ次第で迎撃
《百獣世界の探究者 はじめしゃちょー》
《我怒の鎖 パンサーベア》マッハファイター。アバレチェーンワールド・ブレイカーを与える。
おまけに相手のターン中、召喚・詠唱を1度限りにして反撃を封じ込む

その他 [編集]

サイクル [編集]

ハーフデッキ第2弾の4デッキに収録された限定カード。すべてハイブリッド種族進化クリーチャー

収録セット [編集]

参考 [編集]