《アングラー・クラスター》 [編集]

アングラー・クラスター C 水文明 (3)
クリーチャー:サイバー・クラスター 3000+
ブロッカー
このクリーチャーは攻撃することができない。
自分のマナゾーンにあるカードがすべて水のカードなら、このクリーチャーのパワーは+3000される。

DM-03で登場したサイバー・クラスター

初期の【リーフ青単】の強さを支えた優秀なブロッカー
普通ならパワーは+2000程度になるはずが、なぜかこれは+3000もされる。3マナパワー6000は当時としては破格のサイズで、これ1枚でほとんどのクリーチャーが停止し、にらみ合いに突入してしまっていた。

聖拳編頃になると使用先である青単ビートダウン重視のデッキタイプとなってしまったため、時代と共にこのカードの活躍機会はめっきり減っていった。

しかし、このカードぐらいスペックが高ければ、ビートダウンでも殴り返し防止用のカードとして利用できなくもないため、完全にお払い箱になったとは言えないだろう。依然、このサイクルの中では強力なカードである。
ドラゴン・サーガではマナ武装により、コントロール型の青単が登場したので、そちらで採用するのも手だろう。

  • まだカードショップが普及していなかった基本セット環境では、コモンでありながらコストパフォーマンスの優秀なブロッカーになれることもあってカード資産の少ないプレイヤーにも重宝されるカードであった。
  • 漫画「デュエル・マスターズ」ではバトルアリーナ2日目前夜に牛次郎白凰戦で使用している。

サイクル [編集]

DM-03単色マナ効果を発揮するクリーチャー

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]