《サイバー・ブック》 [編集]

サイバー・ブック C 水文明 (4)
呪文
S・トリガー
カードを3枚引く。その後、自分の手札を1枚、山札の一番下に置く。

DMR-17で登場した呪文

《サイバー・ブレイン》調整版で、《ネオ・ブレイン》上位互換である。

《サイバー・ブレイン》ドロー枚数はそのままに、手札を1枚山札の下に送る効果が追加された。
実質的に引けるのは2枚とはいえ、3枚引けることには変わりなく、手札交換の面では優秀。
《レッツ・デュエル兄弟》などの為に山札の中にいて欲しいカードを戻せるという点でも優秀。

比較対象は《フォーチュン・スロット》。あちらは山札の上から4枚を公開して、不安定ながら最大4枚手札に加えられる。

S・トリガーがなくなり、墓地肥やしがつくと《ブレイン・タイフーン》となる。墓地カードを送りたい場合はそちらを優先するべきだろう。

他には《ジェスター・ブレイン》が存在する。そちらは3枚ドローした後相手にシールド回収させ、その分だけ手札山札の下に送るデメリットがついている。

また、1マナ下には単純に2枚ドローできる《エナジー・ライト》が存在する。

こちらは相手に見せず安定して3枚ドローすること、手札交換ができる点で差別化したい。

ルール [編集]

環境において [編集]

革命編環境では白青構築の【ヘブンズ・ゲート】で次々チャンピオンシップ上位入賞を勝ち取った。【天門ループ】では同じく暴発で詠唱できる《龍脈術 水霊の計》の影に隠れがちであったが当初から一定数使われ、革命編環境終期にそちらのデッキにおけるメジャーなドローソースの選択肢となった。【青黒ハンデス超次元】手札補充手段としても名高かった。

登場以来系のコントロールに積極採用されたが、新章デュエル・マスターズ環境辺りからただハンドアドバンテージが増えるだけのカードが凋落し、このカードもあまり見かけなくなった。

それが【ライベルモットループ】が成立すると、プレイヤーの好みに合わせてだが使われるようになり、環境に復帰した。やはり暴発できる点が大きいのだろう。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMR-17
    絶体絶命の状況でも諦めなければ発揮される力。それが革命ゼロ!

収録セット [編集]

参考 [編集]